人気ブログランキング | 話題のタグを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今年は自分を楽しみたい

今年は自分を楽しみたい_d0244960_16185694.jpg
去年の12月 昔の職場のOB会で瀬戸内に近いドライブインに
行きました

雲の切れ間から
「しあわせの架け橋」のような
夕日がこぼれ落ちておりました

今年は頑張ります !!
これからは自分の人生ですものね……

 " いつまでもくよくよするなと瀬戸内の
夕日こぼれてわれを励ます (やまぐち二茶) "



# by yamayusaku | 2015-01-01 06:00 | 日記

今年の黄葉

今年の黄葉_d0244960_1855463.jpg



久しぶりの投稿となりました
ああぁぁ~~ 情けないことでございます
写真の入れ方も忘れていました

悠作ママの急逝後 カメラを手にすることができませんでした
もう数か月もたったある日のこと 
我が家の門扉に雑草のツルが黄葉して巻き付いていました

カメラを手にして写す気になりました
高倉健さん、菅原文太さん 二人の名優もこの世を去りました
はは 悠作ママが呼んだのかなぁ~~

ご心配いただいたブログ友のみな様 
有難うございました
ようやくブログに復帰できそうです 
今後もよろしくお願いいたします
  

 " 健さんも文太も逝けり妻も逝く庭の雑草黄葉しをり (やまぐち二茶) "
# by yamayusaku | 2014-12-03 18:36 | 日記
悠作ママの独り言 。。。。 最終版。お世話になりました_d0244960_19155611.jpg



久々のブログとなりました
わたし 7月25日に 悠作とも別れを告げずに
この世を突然と去ってしまいました

悠作は このお坊様の真下に 永代供養墓に
わたしを入れてくれました

悠作ママの独り言 。。。。 最終版。お世話になりました_d0244960_1917359.jpg


わたしが亡くなる7月25日の週に 
悠作と生前予約をしに行こうという予定でありました

子供のない夫婦にはこういう道しかありませんでした
でも悠作がわたしの意思をついで
この場所に納めてもらったことに感謝しています

悠作には早いブログ復帰を願っております
でも今は憔悴しきってコメ返しはできない状態だと
悠作は申しております

悪しからずご了解願いますね


  「吹く風や右へ左と動きをり俺しかおらぬと飯を炊きだす (やまぐち二茶) 」


悠作ママの独り言 。。。。 最終版。お世話になりました_d0244960_19173085.jpg

# by yamayusaku | 2014-09-19 06:00 | 悠作ママの独り言
友人レポート 。。。。 イノシシ獲ったどう~~_d0244960_14155714.jpg
  【写真があまりにな生々しいのでフェードアウトをかけてみました】



7月22日(火) 二カ月ぶりの昔の職場のOB会の役員会に出かけました
秋吉台近くの美祢市のNさんから 顔を見た瞬間
  「やまさん 先週 イノシシをしとめたどぅ~~」
そして おもむろにこの写真を見せてくれました

一瞬 「残酷だな !!」 だともふと思いつつ
考えてみれば 飼育された牛や新鮮な生きた魚の刺身も食べているよな・・・

  「Nさん この写真を貸してください ブログにしますから」 。。。

捕えた瞬間のことを 説明してくれました


  「わなをかけとったんじゃ。
   鉄製のわなが左足にかかっとんじゃろう、逃げようとしてわなの周りを走り回ったんじゃろう
   な。
   鹿も時々かかるが足の骨が折れちょることが多いな。
   でもイノシシは足が短いからなんじゃろうか。
   足の折れたところは見たことがないんじゃ。ははは。  
   でもこのイノシシは 見つけたときは走り回ったんじゃろう くたびれちょったよ」

  「わしゃ 友達を呼んだんじゃ。弱っていても一人でし止めるのは無理じゃけぇね。
   このイノシシの牙は固い木の棒も真っ二つに折る力があるけえね」



現場を知らぬ悠作は トンチンカンな質問をします
  「これは死んでるの」
  「はは やまどん イノシシが生きていたらこんな写真が撮れるか !! 」

ごもっともあります
定年前の福岡勤務の頃 嘱託職員として来てもらっていた
元県警の刑事経験者から こんな言葉を聞いておりました

  「死んだ人間は怖くありません。
   少しでも息のある人間は いつ襲われるかと怖くてたまりませんでした」




  " 緊迫のイノシシ捕獲の写真見ゆ魚拓のごとくわれに見へたり (やまぐち二茶) "



# by yamayusaku | 2014-07-29 06:04 | 友人レポート
マンホール・コレクション。。。。 山口七夕の提灯祭り_d0244960_16215668.jpg



久しぶりにマンホールコレクションの復活であります
先日 先輩との久しぶりの飲み方で 
旧山口市街を散策した時に 新しき絵柄のマンホールを見つけました

山口七夕提灯祭りの絵柄でありました
早速 ウィキペで調べてみました


   山口七夕ちょうちんまつり(やまぐちたなばたちょうちんまつり)は、
毎年8月6日・7日に山口県山口市 の中心商店街およびパークロード周辺で行われる祭事。

   約550年前の室町時代より始まり、大内氏の第26代盛見が父大内弘世を祀った盆提灯が
各家庭に広まったものが由来といわれている。

   約10万個の紅提灯が織りなす炎のトンネルが幻想的である。
   高度成長期には湯田温泉街にも同様に提灯が飾られていた。
   近年は景気の後退により若干縮小されているが、ちょうちん山笠と、
紅提灯で飾られた3基の提灯みこしが山口駅通りを練り歩く。
うち1基は姫みこしと呼ばれ、公募による女性らの手で担がれている。
   (ウィキペより)


一度 地元に住む友人と見た記憶はあるのですが よく覚えていない

マンホール・コレクション。。。。 山口七夕の提灯祭り_d0244960_16222560.jpg


近くのお寺では こんな説教が書かれておりました
しばし 悠作はこの文字を読みつつ黙考いたしました

いい言葉だなぁ~~
今年のお盆は七夕提灯祭りを 見に行かないといけませぬねぇ  (^O^)



  " 煩悩は百八以上我にありしばし佇む寺の説教 (やまぐち二茶) "


マンホール・コレクション。。。。 山口七夕の提灯祭り_d0244960_16241011.jpg

# by yamayusaku | 2014-07-19 06:00 | マンホール・コレクション