夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
d0244960_14482190.jpg
【ウーン 手持ち撮影でちょっとピンぼけ。すみませ~~ん】


     「おかしいわねぇ メジロも来ないのにミカンが減ってる」 と悠作ママ
     「そりゃ~~ 目には止まらないうちに来てるんだよ」 と悠作は答えます


昨日は小雪降る一日でした
昼間だから積もらないけど 結構な雪の量でした

山にも餌がなかったのか つがいのメジロが来てくれました
メジロの頭もチョコンと雪の白色が光ります !!

ふむふむ なかなか撮れる光景ではないなぁ~~

自己満足に陥る悠作であります

d0244960_14484290.jpg


外はこの雪 
明日の朝は このまま降り続けば銀世界かな

おやおや 珍しくメジロがつがいでミカンをついばんでいます
メジロは警戒心が強く ヒヨドリの襲来など避けるために
一羽は見張り役に徹している姿をよく見るのですが 。。。

雪の日の小さなメジロの物語でありました



   " 一年を会へず恋しきメジロなり新しきミカンけふも刺しをり (やまぐち二茶) "


d0244960_1449495.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-08 06:30 |
d0244960_1721551.jpg


不思議な体験だった
小雪も降りそうなので 最短の散歩コースである悠作の団地内を歩くことにしました

団地道の角を曲がったときに
突然 茶色の猫が現れ 悠作の前をゆっくりと歩きます

時々 キリッとした顔で後ろを振り向き 悠作の姿を確認しているような・・・
慌ててカメラを構えると プイッと前を向き 顔を撮らせてくれません

またまた突然 妙な行動を起こします
歓迎のポーズなのか 腹をだし上を向いたポーズを取ってくれました (↑のトップ写真) 

猫なりに歓迎してくれたのかな ?
本当に不思議な体験でありました



   " 吾のことを好いているのか茶色猫腹を開きて再度われ呼ぶ (やまぐち二茶) "



d0244960_17221757.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-07 06:30 | 散歩道
d0244960_11421978.jpg


この酒樽茶室は 実は2010年11月29日の当時のブログサイト 「いい色」 に紹介しました
でも今ではそのサイトは廃止され ネットでは永久に見れなくなりました

悠作が毎月一度 歌会サークルに通う 
山口市の 「山口ふるさと伝承センター」 の庭にある建物です

     

     この建物は、昭和59年に酒造商家として建築された野村氏から寄贈され
     平成2年度に山口市長寿社会対策事業の一環として改築整備したものです。
                               (現地の説明板による)
     中庭にある「酒樽茶室」は大酒樽4樽分の良質材のみを使用して戦後造られた
     ものです。 (ネットで検索しました)



大酒樽4樽分の良質材のみを使用したとのことで
外から見るととても茶室とは思えない建物でありました

d0244960_11413366.jpg


昨年4月 ブログ友のSaas-Feeの風さんご夫妻が来山された折の
案内コースの一つとして考えていましたが 夕方五時過ぎに到着するも
閉館直後でありました
     「ガーン !!」

市の施設ですから しょうがないなと思いつつ残念でたまりませんでしたねぇ~~

悠作にも東京勤務の頃 青森市に出張したとき時に
   「棟方志功会館」 で同じ体験をしました
悔しかったですねぇ (>_<)。


山口市の観光コースには入っていない場所であります
当日 風さんには口で説明しましたが説明がつくはずもありませぬ
改めて 写真におさめて再度のご紹介をさせていただきました



   " お茶をつぐ息の使ひが聞こへさう酒樽茶室も粋なものなり (やまぐち二茶) "


d0244960_11425712.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-06 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_17385577.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-05 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_16425676.jpg



何も変哲のないわが散歩道にも
春の足音は確実に来ておりました

もう こぶしの花の芽がこんなに膨らんでいました
寒い朝ではありましたが
自然の営みって凄いなぁ~~



" 北国の春はこぶしが呼び込みぬ蕾日に日にふくらみ始む (やまぐち二茶) ""
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-04 06:30 | 散歩道
d0244960_17395089.jpg
【撮影:悠作ママ】


庭の木にミカンを刺していたら
きっと メジロ が来るとgolfunさんからコメントがありました

まさかと思いつつ ミカンを庭木に刺してみたら
本当にメジロが来てくれました

はは 悠作は電池の充電中・・・
間に合いませんでした
またしても後れを取ってしまいました


" 二年ぶり庭にメジロの現れりまたもや妻に先を越されり (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-03 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_1815028.jpg



今年の一月 散歩道で出会った野鳥たちを
撮り続けてきましたが
今年は野鳥が少ないですねぇ~~
はは 鳥撮りベルさんも嘆いておられました



d0244960_2154518.jpg



名はあえて調べませんでした


d0244960_2161151.jpg



望遠ズーム300ミリレンズではこれが限界です
すべて手持ち撮影でした



  " 鳥の影は目の前飛びてすぐ消ゆる今年野鳥の姿少なし (やまぐち二茶) "


d0244960_1816267.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-02 06:30 |
d0244960_1526175.jpg


いまや先月となった1月27日 ぽかぽか陽気に誘われて
  「そろそろ梅が咲いていないかな 横浜でも開花したって」

悠作ママも乗ってきました
彼女は自分のカメラを素早く 電池は大丈夫か・・・
セット完了しました

ところが ところが ところが
瑠璃光寺に到着したら 様子がおかしい・・・
梅の蕾が固すぎて・・・

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国人らしき観光客一組と賑やかに出くわしただけでありました
その陰より近くにお住みのニコニコ顔の爺様が近付いてきて
  「瑠璃光寺の撮影ポイントを案内しよう 」
それが ↓ の写真です

梅と五重塔を撮りに来た悠作でありましたが
ウーン 言われてみるとこの角度もなかなかよろし。。。

何でいいのか
  「フムフムフム・・・」
良く聞き取れませなんだ



" 梅が香を求めてきたり瑠璃光寺蕾固しや山茶花を撮る (やまぐち二茶) "


d0244960_15263857.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-01 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1646263.jpg



いつもの山かげの散歩道で 椿の蕾が沢山膨らみはじめてきた
そのかたわらでは寿命を終えた 椿の実の残骸が残っていました
これぞ 「輪廻転生」 の姿なのでしょう

いま 相撲の世界が楽しくなってきました
日本の国技とはいえ 日本人力士も一生懸命に頑張っているも
日本人力士の横綱が十年以上も出ていないっ !!
グローバルな世界には異存はないけれど
番付表の上位には外国人力士が目立ちます

白鵬は 大横綱・大鵬を尊敬し 日本人以上に身の振る舞いも立派です
でも彼に勝る日本人魂が見たいと思うのは 私だけでしょうか ?

子供の頃見た 「栃錦:若乃花」 「大鵬:柏戸」 戦 。。。。
いま 「遠藤」 という花のある力士が出てきました
23歳だ !! 先は長い !!

まだ髷もゆえないスピード出世を邁進中の 「遠藤」 に期待しています
皆さんはどう思われていますか ?

[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-31 06:30 | 日記
d0244960_166042.jpg



昨日の朝 天気予報では 「濃霧予報」 が発令されていました
そんなことは感じもしないで いつもの山かげの散歩道へと出かけました

山に遮断されてお日様も届かない道を黙々と歩きます
夏は涼しいのですが 川原のこの道の冬は寒くてたまりませぬ

  こんな光景は見たことがな~~い !!

山かげの暗闇と 日差し溢れる霧を飲みこむお日様の
コントラストが鮮やかでありました

今日の散歩は 久々に 「犬も歩けば棒に当たる」 の心境で
充実の一日でありました



" くつきりと影と日差しを二分せる霧の動きにわれ襲はれる (やまぐち二茶) "


d0244960_1661997.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-30 06:30 | 散歩道
d0244960_18422863.jpg
【撮影:悠作ママ】


この新年に入って 山口でも雪が多いんです
この日 1月22日のこと 今年二回目の朝起きたら銀世界でありました

リビングのカーテンに大きな鳥影が横切りました
悠作に 「あの影は雀じゃないよ もしかしたら今年初のヒヨドリが来たんじゃない !!」 

悠作に告げるも
 「去年からスズメもメジロもヒヨドリも来ないっ!! ヒヨドリが来るはずじゃないか」
と けんもほろろの言い草にわたしはカメラを取り出して
撮りました !! 撮りました 撮りました !!

              ~~~~~~~~~~~~

悠作は最近 夕食を食べたらすぐに眠くなるそうで
午後七時ごろにはご就寝なんです
だから朝早く ラジオの「NHK ラジオ深夜便」 のファンになったようです

  「熊本の人も小田原の人も今年は鳥が少ないって言っていたぞ」

でもメジロは見ませんが 
私が写したヒヨドリを見て 悠作は  ガーン!!
の状態でありました

証拠写真はバッチリです
悠作なんかに負けてたまるか

今日は私のカメラの掃除を命じてやりました  ふふふ  (^O^) 



   " ヒヨさへも来ぬ去年今年何か変自然世界も何かおかしや (やまぐち二茶) "


d0244960_1843130.jpg
 【撮影:悠作ママ】
[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-28 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_16465220.jpg



カメラメーカーの修理センターの遠くに住んでいると
一眼レフカメラの異常に気がついてもすぐに対応できません

悠作の一眼レフカメラにも異変が起きました
パソコンに写しだす画像に黒い斑点が目立ち始めました
いつも同じ場所に映り込んでいるのです

カメラについている「センサークリーニング」を実行しても効果は全くなし !!
カメラの映像素子(センサー)にこびりついているゴミやほこりは
まったく取れませんでした

               ~~~~~~~~~~~~

あとは思い切るしかなしです
自分で 「センサークリーニングを実行する」 事を決断し
ネット検索して 「センサークリーニングキット」 を購入しましした

  " カメラのセンサーは非常に精密な機器です。
   失敗されても当社では責任は追えません。
  ご不安があればメーカーにお出しください "


たえず こんな警告が出ていましたが えええぃ!!
実行しました

結果は ↓ の写真の通りてした
何とか 気になる黒い斑点は消えておりました


デジイチ使用の方々に勧められる方法ではありませんが
私の体験報告でありました



  " 修繕はメーカー出しがお勧めと絶えず警告われは無視する (やまぐち二茶) "


d0244960_16472284.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-23 06:30 | 日記
d0244960_16252941.jpg



散歩道の山かげで 春呼ぶ光景と出会いました
雪が積もった1月10日の写真でありました



d0244960_16254882.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-18 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_11512886.jpg


昨日 1月10日 いつものように6時半に起きた
こちらの夜明けは7時過ぎなので まだ外は真っ暗。。。

ところがなぜか外は異様に明るかった !!
まわりを見たら銀世界なのでビックリしました

庭に出てみると ロウバイ の黄色い花が 雪の重みと必死に闘っていました

晴天が夕方まで続き この雪も溶けてしまいました
雪深き地にお住まいの方には 本当に申し訳ないです



" 存在を忘れていたよ数日も雪に耐へゐるロウバイの花 (やまぐち二茶) "


d0244960_11515444.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-11 06:30 | 日記
d0244960_1642748.jpg


2014年正月を機に 一念発起 !!
去年のものすごく暑かった八月以来 熱中症が怖いと遠ざかった散歩・・・

散歩のサボり癖がつくと 後はつるべ落としなり
楽な方へと落ち込んでしまいました (>_<)

この新年早々 一念発起しました
散歩再開であります

昨日 散歩仲間の77歳の方にだらだら坂にお付き合いいだきましたが
10歳以上若い悠作の方が息があがっておりました

ああ~~ 情けないっすねぇ ~~  クッ!
 
[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-08 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_1754437.jpg


さしぶりに (gettengさん風表現) 新年の風を受けて
散歩に出かけました

悠作の四ルートの散歩道で キンカンの実を見れるのは
一番の最短コースである この道だけであります

ああ~~ 新年早々というのにデジイチの電池が切れました クッ! 
今年も前途多難のようでありますぅ~~



" 喉元は風邪気味なりやキンカンの実は熟れてるもその場去りたり (やまぐち二茶) "


d0244960_17685.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-06 06:30 | 散歩道
d0244960_18472518.jpg


明けましておめでとうございます

   " 大晦日金のなる木に花咲けり新しき年幸多かれと (やまぐち二茶) "


    カネノナルキ(金のなる木)は、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物)。

    カゲツ(花月)や、オウゴンカゲツ(黄金花月)とも呼ぶ。
    和名はフチベニベンケイ(縁紅弁慶)であるが、あまり使われない。 ウィキペより
       
[PR]
# by yamayusaku | 2014-01-01 06:30 |

わが先輩の絵画展。。。

d0244960_16315850.jpg
【わが先輩作 「追悼3.11」】 

 
先日 70代後半のわが先輩から 絵画展の案内が届きました
わが職場の先輩に絵を描かれた方がいたのです
山口県宇部市の小さな画廊でありました

まず飛び込んできたのが 「追悼3.11」 という作品でした
二年前の東日本大震災の時の被災者に対するレクイエム(鎮魂歌)。。。
こういう表現の仕方もあったのですね !!
しばらくこの絵の前から 立ち去れませんでした

もう16年も投稿している短歌結社「コスモス」への私の短歌は 次の通りでした


  「翼あるものは津波も恐れずにテレビ画面の空を飛びゐつ」

d0244960_16322369.jpg
【廃屋】

限界集落で悠作もよく見る風景です
gettengさんがテリトリーの都会の廃屋とは 全く違った風景です
都会でもローカルでもこういう廃屋に出会うと
こころ切なくなりますね

d0244960_16323915.jpg
  
【風景】

ここの現地でスケッチして この風景画を描かれたのでしょうか ?
もともと絵心のない悠作であります
どうしてこんなに克明な風景画が書けるのか
いまだに不思議でたまりませぬ (>_<)


d0244960_16325873.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2013-12-12 06:30 | 日記
d0244960_15542866.jpg



11月24日(日) のことですからもう10日前のことでありました
毎月一回開催の歌会サークル出席のため
山口市旧市街の 「ふるさと伝承センター」 へと出かけました

まだ紅葉も見れるかと少し早めに自宅を出かけ 大内義隆氏の菩提寺である
  「龍福寺(りゅうふくじ)」 へと向かいました

いつもより一本手前の路地を通っていましたら
  「山口七夕ちょうちんまつり」 のマンホールを新発見 !!
これが嬉しかったですねぇ。。。

d0244960_15544999.jpg


龍福寺の紅葉もなかなかのものでありました
参道は紅葉のトンネルでありました

「マンホールコレクション」というカテゴリーを作ったにもかかわらず
新山口駅前の山頭火マンホールを撮影して
もう一年以上も発見できませんでした


山口七夕ちょうちんまつり(やまぐちたなばたちょうちんまつり)は、毎年8月6日・7日に山口県山口市の中心商
店街周辺で行われる祭事。

約450年前の室町時代より始まり、大内氏の第26代盛見が父大内弘世を祀った盆提灯が各家庭に広まった
ものが由来といわれている。

約10万個の紅提灯が織りなす炎のトンネルが幻想的である。
(ウィキペより)


こんな由緒あるお祭りが山口市にはあったのですねぇ
来年は絶対に行かなくっちゃ !!



" 大内の文化残れる山口ぞサビエル雪舟ちょうちんまつり (やまぐち二茶) "


d0244960_15551253.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2013-12-07 06:30 | マンホール・コレクション
d0244960_17233611.jpg



 「吉田くんの鼻くそ」 というお菓子をもらいました

  これは美味かった !!

このブログをアップした直後の11月27日の 中国新聞の記事を
竹ちゃんは切り抜いて送ってくれました

ヌヌ 何と島根県内には19市町村に
この 「吉田くん」 のキャラクターが存在しておりました

広島の中国新聞に使用したいと電話をしました
答えは 「NO !! 」 でありました

著作権をって大切なものですねぇ~~  (^O^)



   " 物作りに先人の知恵散らばれり日本食はユネスコ認定さる (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2013-12-06 17:30 | 竹ちゃんレポート