夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
d0244960_15402461.jpg


わが家では悠作ママが 毎年メダカを孵化させています
メダカの腹についた卵を見つけると たも網ですくい
別のタッパーに水草をいれ 卵を付着させています

d0244960_1622931.jpg


そうして生まれたメダカの寿命も 平均二年と言われています
でも わが家では三年以上生きているメダカが 数匹居ります

その一匹のメダカのお腹の風船袋が ある日割れてしまいました
真横に泳ぐことができなくなりました

いつも "立ち泳ぎ" しかできなくなりました
そこで彼の名を 「たっちゃん」 と名付けました

水槽の下の砂地に埋もれているので 別のタッパーに入れ餌を与えていましたが
それでは可哀想 !!
元の仲間のいる水槽に戻してやりました

あれからもう一年 。。。
まだ元気です !!
朝 餌を撒くと真っ先に彼が食いつきます

  「たっちゃん 頑張れ !! 」

これがわが夫婦の朝の合言葉となりました



" メダカにも平均寿命ありと言ふ越へて生きをり三年メダカ (やまぐち二茶) "


d0244960_15404886.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-26 06:30 | 日記
d0244960_179645.jpg


絵手紙って味があっていいと思っておりました
地元紙で 「絵手紙展」 があることを知り最終日に出かけてみました


d0244960_1573417.jpg



この案内板に沿って 会場の二階に上がります
受付の方に 「写真を撮っていいですか」 と聞きました
しばし 女性二人が相談され 「写真撮ってもいいですよ」 と了解を得ました


         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


絵手紙には興味があったので 
 「絵心はないのですが私にもできますかね パンフはないですか」 と聞きました

先生と呼ばれている初老の男性が応対してくれました
 「お宅様のお住まいの地域にはないようですね
  いまこの展示の作品を書いている方は40名以上いらっしゃいますが
  男性は4名です!! 」

はは 悠作はおじけづきました
はは 悠作が毎月通っている短歌サークルも10数名集まる中で男性は二人であります
はは 女性は強し !!

男性も負けてはならじと思いつつ 会場を後にいたしました
  「原始女性は太陽であった」
というどなたかの言葉を思い出しました



" 元気ある女性強しやカルチャーも亭主は家で何をしてゐる (やまぐち二茶) "


d0244960_1792937.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-25 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_16551684.jpg



ホトケノザが咲き始めました
いままで花のなかった散歩道がにぎわい始めました


d0244960_16553978.jpg


春の七草のホトケノザとは別物見たいです
NHKのラジオ深夜便で聞きました

本物の食べられるホトケノザとはどんなものなのでしょうか ?
ラジオで専門家の方が語っていましたが
忘れてしまいました

はは 深夜のことです
お許しください

これはペンペングサ。。。。
正式な名前は・・・
ウーン 分かりませ~~ん



" 紫のホトケノザ花咲き始む春の七草違へりシヨツク (やまぐち二茶) "


d0244960_16555662.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-21 06:30 | 山野草
d0244960_1724524.jpg
【撮影:悠作ママ】

散髪屋のご主人から聞いていました
  「山口の桜は防府市の向島(むこうじま)小学校の寒桜が一番ですよ」

リタイア組には曜日の感覚もなく 日曜日の「桜祭り」の当日に出かけてしまった
これが間違いだった !!
現地についたら クルマの渦でありました
軟弱な悠作 この車の列を見ただけですごすごと退散いたしました


          ~~~~~~~~~~~~

往復で80㎞も走ったことが悔しい !!
この時期だけ この小学校は授業中でも「寒桜」の見物のために
校庭を解放しております

と言うことで翌日は大丈夫と確信し 月曜日の校庭に出かけました
でも駐車場は混み混みでありました
何とかじかにこの寒桜と会うことができました


d0244960_1640581.jpg


桜の表側はすでに花見客で一杯です

ネット検索をしてみると 以下のとおりでありました

 
      防府市の向島小学校の正面玄関南に生育する、樹高約8m、芽通り幹囲2,55m、
      根回り約4,4mの寒桜の蓬莱桜。蕾は紅紫色、花は淡紅紫色で、3月上旬~中旬に開花。
     寒桜はヤマザクラとカンヒザクラとの種間雑種である園芸種で、開花時期が早いのが特徴。

     地元でも早咲きの桜として有名で、毎年、小学校の卒業式の時期に満開を迎えています。



d0244960_16412633.jpg


平日でも小学校を解放し 一般市民に寒桜を見せてくれてありがとう !!
校庭で野外授業のドッチボールをしていた子供たちは写しませんでした

  「児童の撮影はプライバシー保護などの観点から絶対行わないでください」 との
地元教育委員会の文書が身に沁みました

でもみんな守っていましたよ
この↓の写真のようにみんな守っておりました
来年も見させてくださいね



   " 向島桜も児童も大事なりこれ守らねば桜見られぬ (やまぐち二茶) "


d0244960_1741571.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-18 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_16543268.jpg



わが家の庭でも 春呼ぶ花が咲き始めました
今日の温度は20度近くまで上がったでしょうか
 「ヒマラヤユキノシタ」 もピンクの花をつけました

d0244960_16575634.jpg


お隣さんのコンクリ塀にしがみつくように咲いています
これもまた いじらしきかなであります

               ~~~~~~~~~~~~~~

愛車の後部座敷に カメラを入れるたびに
悠作の尻を突き刺す鋭い葉・・・

ははこれが痛いんです
 「ヒイラギナンテン」 の花も咲き始めていました

春は近し。。。
昼間はエアコンなしに過ごせるようになりましたよ !!



" 肌を刺すヒイラギナンテンの葉の痛し花付くときは痛みやはらぐ (やまぐち二茶) "


d0244960_1658188.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-17 06:30 | 日記
d0244960_16572745.jpg



昨日は春の嵐が吹きまくりました
三寒四温のこのころは 寒暖の差が激しく
体調管理が難しいですね

天候のいい時間を見て 散歩に出かけました
お隣さんのお庭では サクランボの花が咲いていました

律儀な自然の春の営みです
ソメイヨシノのような派手さはありませんが
同じ桜の仲間です

今年も五月初旬には
美味しいサクランボを実らせてくれるでしょう

また 実のなった一枝を今年もご所望したくなりました



  " 野鳥より一足先にいただくぞお隣さんのサクランボ花咲く (やまぐち二茶) "



d0244960_16575284.jpg
【2013.5.7撮影】
[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-14 06:30 | 日記
d0244960_1632247.jpg
                 【恩師宅の針塚。宇部文化服装学院のホームページより借用】


恩師のホームページ(クリック)」 を見て お宅の庭に 「針塚」 があることを知りました

その「針塚」なるものを 一度見たくなりました
ご夫妻で経営されている 「宇部文化服装学院」 関連の頼まれごとがあり
恩師宅を訪ねる機会を得ました
服装学院だから 服を縫う針は一番大事なものですね

絶好のチャンスだ !!
訪問の前日のこと悠作ママからも 「あなた カメラだけは忘れないで」 とクギを刺されたのに・・・
それが それが
恩師宅を訪ねたときには不覚にも カメラを忘れていました クッ!

しっかりと見せていただきましたよ
ホームページの中に書かれてるいるように
  「ここに埋められた針は二年もすると風化消滅して 回りに植えた蘇鉄の肥料として役立っち
   ょるんよ」

なるほど 見事な蘇鉄でありました  (^O^)
せっかくの写真が撮れなくて 残念至極の一瞬でありました


        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう一つ 恩師は趣味として 帆船模型 を作られています
去年はこの服装学院内で 「帆船展」 が開かれ
悠作夫妻も見物してきました  「恩師の帆船展(クリック)」
昨年 2013年5月7日付けでアップした記事であります
 
 「やま君 ちょっと来てよ」 とお食事をいただいた後
別室の和室に案内されます
座敷の中央にでんと大きな帆船模型が置かれてありました

 「もうわしも83歳になったけえの ようやく帆も張って完成したっちゃ もうこれで限度じゃな」
 「先生 そんなことを言うたらイカンちゃ」


そんな会話を交わしつつ カメラを忘れてきたことがますます情けなし
先生のせっかくの大作のご紹介ができないのが
痛恨の極みでありますぅ~~




  " 肝心なときにカメラを忘れゐる粗忽ものなり治らぬ癖は (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-11 18:19 | 山口ぶらぶら
d0244960_16395671.jpg



散歩道の運動公園の東屋のそばに
一本のカエデの木があります

そのそばにはゲートボール場があり
週に数回 団地内の知人たちが練習をしています

「おはようございます !!」 って挨拶をして
東屋のそばを見ると
落ち切れなかったカエデのプロペラが残っていました

ただ それだけのことですが
ピンクのカエデの新芽が伸びていました

寒い日が続いたけど
関東方面に想定外の大量の雪が降ったけど
確実に日本の大地に 春近しを直感いたしました



" 落ち時を忘れカエデのプロペラが所在なさげに春迎えをり (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-03-04 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_16213753.jpg
 【ノートリミング】


川からはかなり離れた市営住宅の駐車場。。。
その車の上を歩いている鳥が目に入りました

とっさに 「ハクセキレイ」 だと思いました
帰宅して悠作ママにこの写真を見せると
  「キャー この鳥 無賃乗車だ !! 」 ですって・・・

コンビニの駐車場や新山口駅の構内を
チョコチョコと歩いていた鳥と どこか違う ???

野鳥図鑑を調べます
セキレイにはそれぞれ棲み分けがあって
一番 住宅街などで住民に目に触れるのは 「ハクセキレイ」 だとあり
水辺に 「セグロセキレイ」 「キセキレイ」 と区分わけあり

でもこの鳥はどう見ても
       「セグロセキレイ」でありました

はは また一つ悠作の固定観念が壊されました



" 高台の団地道路に現れしセグロセキレイ川忘れたか (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-28 06:30 |
d0244960_15434052.jpg
【いつもはスッキリと見える眼下の山口市内】

朝 散歩に出かけると妙に煙たい !!
春霞ではなさそうだ
散歩の途中で雨が降り出したので 急いで帰宅しました

テレビの地元ニュースを見ると
どうも彼の国から飛んできた 「PM 2.5」 であったらしい
山口市でも 国の基準値を上回り注意情報が発出されたらしい
散歩途中の雨降りで 早々に帰宅したのは正解だった !!

雨が降るとPM 2.5を吸いこんで 酸性雨となり地上に舞い降りる
何とも厄介な代物だ (>_<)

根本的な対策は 発生源の治療しかないと日本の識者は言う 。。。
でも発生源の彼の国では
   「日本などの先進国の飛散量の方がまだ人口比率では高い」
てな理屈を並べて まだ対策に本腰があがってないと言っていました

ムーン、んたっく・・・
何とかしてくれぇ~~



   " 歌ごころも湧かぬ眼下のPM 2.5国境を越ゆ招かざる客 (やまぐち二茶) "


d0244960_1544261.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-27 06:30 | 散歩道
d0244960_18124422.jpg
【撮影:悠作ママ】


わが団地内でも梅が咲き始めました
よそ様のお庭の梅を撮ることにも行かず 晴天の瑠璃光寺に出かけていました

ウーン 少し早かった !!

d0244960_18133492.jpg
 【撮影:悠作ママ】

白梅は蕾 紅梅は三分咲きといったところか

d0244960_18141518.jpg


瑠璃光寺といえば五重塔ですが 本堂も立派なものです
たまには写しておかなくっちゃ 。。。

本堂近くを写していたら
  「 ああぁぁ~~ 電池が切れちゃった 」
はは 今日はひとまず退散です
また ゆっくりと本堂撮影をいたしましょう  (^O^)



   " 咲き時の見極めつかぬ梅の花けふは早くて明日は遅かり (やまぐち二茶) "


d0244960_18165584.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-25 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1620462.jpg



昨日は夜明けから すこぶる好天でした
これまでいい天気が続かず 気持ちも憂鬱気味でありました

   「何か美味しいものが食べたい !! 」

悠作ママの一声で 出かけることとなりました
前日 テレビで放映されていた下関市の牡蠣焼き小屋風のお店に出かけました
店員さんも親切で なかなか感じのいいお店でした

悠作夫婦にとっても非日常の昼食でありました
はは お値段のほうは秘密としておきましょう (笑)

今度はいつ行けるのやら 。。。
牡蠣・ハマグリ・ホタテ・ウチワエビの焼き立てを堪能いたしました
はは 本当に今度はいつ行けるのやら 。。。
楽しきひと日でありました



" 外食は年に数度の贅沢ぞ近く年金減額さるも (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-24 06:30 | 日記
d0244960_1920324.jpg



まだ風の冷たい昨日の散歩道の出来事でありました
花もないこの時期は どうしても目が空に向かいます

目の前に小さな影が走ると
直感的に鳥が居ると感じるようになりました

今朝は枯木の葉を追いかけた野鳥と間違って
何十枚と連写で写真を撮って ガックリ !!

少し高めの電線に鳥が止まるのが見えました
シャッターを数枚切りました

                ~~~~~~~~~~~~

帰宅してパソコンの大画面に写しだすと
それは何と 「メジロ」 のつがいでありました

メジロと言えば
 「梅の木にメジロが似合う」  とか
 「庭木に刺したミカンを好む」  とかとの印象があります

電線に止まっても それは自然だから何も不思議ではないのに
先入観にとらわれすぎて居るのでしょうか
はは 固定観念って怖いものですねぇ~~



" 電線にメジロ居らぬと決めてゐる固定観念もろくも崩る (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-23 06:30 |
d0244960_17353471.jpg



東日本を突然襲った大雪被害の
お見舞いを申し上げます

雪によって 道を閉ざされ陸の孤島となっている地域の
何と多いことか

心痛みます ・・・
これが限界集落の拡大に繋がらないことを祈るのみであります

もう これ以上 雪は降るな !!

昨日の川原の散歩道に ネコヤナギの芽が膨らみ始めていました
川面にも春近しの日差しが 注ぎ込んでおりました

春はもうすぐそばに来ていることを直感いたしました



" コンクリの護岸のせいや手とどかぬ二メートル下のネコヤナギの花 (やまぐち二茶) "


d0244960_1736010.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-20 06:30 | 散歩道
d0244960_16151758.jpg


いつもの朝の川原の散歩道 。。。
突然 大きな黒い鳥が空を舞いました

急に上を見上げると なぜか頭がくらくらします
大きな鳥の目がトリミングをしてもバッチリ !!

トンビだと思いますが 鳥の名何てどうでもいいのです
目がはっきり写っていて良かったです



" はっきりとパソコン画面で確認す目が写ってた満足したり (やまぐち二茶) "


d0244960_16154210.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-17 06:30 |
d0244960_17265985.jpg



この小さな川は 山口市の中心を流れる 「椹野川(ふしのがわ)」 の支流であります

長さは数キロメートルの小さな清流であります
川の深さはどのくらいか 分からぬけど川底まで透けて見えます

この川筋を 毎日キョロキョロと写材はないかと歩いています

昨日 この川で哀しき光景に出会いました
   「川底にキラキラ光るものがある !! 」

清涼飲料の空き缶でありました
でも コンクリート護岸で川の縁は囲まれており
約2メートル下のこの場所には降り口もありません

雨が降って自然にこの缶の残骸が流されることを祈りつつ
椹野川の本流に到達した時は 本流自体が汚れます

   「空き缶 タバコの吸い殻などのポイ捨ては止めましょう」

他に言葉の見つからぬ 散歩道でありました



" 一度だけタバコ吸い殻投げ捨てしわれも同罪二度としませぬ (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-13 06:30 | 散歩道
d0244960_10574872.jpg
【トリミングあり】

     ↓ のベルさんのコメントの通り この鳥は  「ミヤマホウジロ♂」  であることが判明しました
     ネットでも照らし合わせて確認をいたしました
     タイトル・本文の一部を訂正しました
     申し訳ありませんでした



空模様も悪いし 雨にでも会ったら大変と
最短の散歩コース 運動公園の周りを散策した

建国記念日で休日の為か 少年野球の車で一杯でした
近くの木々を見て歩きつつ
そろそろ帰ろうかと空を見上げたら
一羽の鳥が テニスコート脇の大きな木に止まりました

  「なにか頭にトサカのようなものが付いてる鳥だ !! 」

これまで見たことのない鳥だということもあり
慎重に写真を撮りました

帰宅して野鳥図鑑を見ると  「カシラダカ ??」 と思いつつも自信がなかった
別の角度から写した写真を見ると お腹の毛も白かった


    
     
           ミヤマホオジロ(深山頬白)は、スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。

           ユーラシア大陸東部の大韓民国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、
           ロシア南東部に分布する。

           夏季に中華人民共和国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、
           冬季には中華人民共和国南部や日本、台湾へ南下し越冬する。

           日本では冬季に基亜種が主に本州中部以西、四国、九州に飛来(冬鳥)する。
           東日本での越冬数は少ない。
           
           和名のミヤマは山奥ではなく「遠隔地」を指す。(ウィキペより)




お初の鳥でした
ベルさん 有難うございました 感謝します



" 頭にはトサカを持ちし鳥と会ふ興奮抑へひと呼吸する (やまぐち二茶) "


d0244960_10581021.jpg
   【トリミングあり】
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-12 06:30 |
d0244960_16464112.jpg


いつもの川原の散歩道 。。。
野鳥には二種類あったものの みんな逃げられた
首にさげたデジイチがやけに重かった !!

重い足取りで帰宅のけっこうきつい坂道を登り始める・・・

どこかから子供たちの黄色い声が聞こえてきました
そこに偶然 白い大きな犬を連れた女性と園児たちがご対面していました

白い犬に触ろうか 触るまいか
園児たちは興味深々であるも どこか引けております

d0244960_1647865.jpg


白い犬を連れた女性に話しかけます
  「このワンちゃんは何歳ですか ?」
  「四歳です 元気な盛りで私も引っ張られどうしなんです」
と言いながら女性は坂道を犬に引っ張られながら
下っていきました

             ~~~~~~~~~~~~~~

園児たちは元気でありました
小一時間の散歩帰りの悠作には 目の前の急坂な山道を登る気持ちは起きませぬ

ふたりの先生に連れられて 園児たちはこの急坂を登り始めました
もうこれ以上は君たちには付き合いきれませぬ クッ! 

将来の日本をよろしくお願いいたしますぅ~~



" 急坂を園児らワイワイ登りをりついていけぬやわれ情けなや (やまぐち二茶) "


d0244960_16484221.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-11 06:30 | 散歩道
d0244960_16373380.jpg
【2011.12.12のジョウビタキ・撮影は悠作】


悠作は普通 野鳥の名を確認するときは
  「庭で楽しむ野鳥の本 (山と渓谷社) 」という本で写真に撮れた野鳥の確認をしています

ちょっとひねくれ者の悠作は ジョウビダキのことを
  「ちょっと待てよ 広辞苑 で調べてみよう」
と 即実行しました

d0244960_16365657.jpg


これまでは枕の代わりができるような紙製の 「広辞苑」 を使っていましたが
今年1月 たまたま見たジャパネット〇〇タで 「カラー電子辞書」 を衝動買い・・・

ところが最近の写真では 目までバッチリと撮れている写真がなかった
外付けHDDが頼りです
やっと見つかりました !!
今から3年ほど前の 2011年12月12日撮影の写真が見つかりました

広辞苑をまず開きました

d0244960_16375545.jpg


ローマ字打ちで 「ジョウビタキ」 を検索すると
すぐにこの画面が出てきました
ウーン 難しい漢字だなぁ~~


        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さらに進むとこの画面が・・・
   「人を恐れないのでバカドリ・バカビタキ」
って言うんだって !!

ベルさん 知っていましたか ?
こんな可愛い鳥 可哀想ですよね クッ!
 


" バカドリと言はれたくなし広辞苑ジョウビタキさんけふも会へずや (やまぐち二茶) "

d0244960_16381557.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-10 06:30 |
d0244960_17262268.jpg



昨日は寒波の大襲来 !!
東京も雪に見舞われました

朝起きたら 悠作宅の周辺は一面の雪景色
白銀の世界でありました

標高50メートルの高台団地の坂道を下ると
平地の古い集落には 数軒の石州瓦の家並があります

この場所では桜と石州瓦を撮ったことがありますが
背景に雪山を写したことはありませんでした

ウーン 雪量は少なくて日本アルプスの光景には叶わねど
この山の積雪を見たのは初めてでありました

はは 悠作のアルプスも見捨てたものではありませぬ



" アルプスの雪嶺仰ぐあこがれを満たせくれたりわが散歩道 (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-02-09 06:30 | 散歩道