夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

d0244960_14155714.jpg
  【写真があまりにな生々しいのでフェードアウトをかけてみました】



7月22日(火) 二カ月ぶりの昔の職場のOB会の役員会に出かけました
秋吉台近くの美祢市のNさんから 顔を見た瞬間
  「やまさん 先週 イノシシをしとめたどぅ~~」
そして おもむろにこの写真を見せてくれました

一瞬 「残酷だな !!」 だともふと思いつつ
考えてみれば 飼育された牛や新鮮な生きた魚の刺身も食べているよな・・・

  「Nさん この写真を貸してください ブログにしますから」 。。。

捕えた瞬間のことを 説明してくれました


  「わなをかけとったんじゃ。
   鉄製のわなが左足にかかっとんじゃろう、逃げようとしてわなの周りを走り回ったんじゃろう
   な。
   鹿も時々かかるが足の骨が折れちょることが多いな。
   でもイノシシは足が短いからなんじゃろうか。
   足の折れたところは見たことがないんじゃ。ははは。  
   でもこのイノシシは 見つけたときは走り回ったんじゃろう くたびれちょったよ」

  「わしゃ 友達を呼んだんじゃ。弱っていても一人でし止めるのは無理じゃけぇね。
   このイノシシの牙は固い木の棒も真っ二つに折る力があるけえね」



現場を知らぬ悠作は トンチンカンな質問をします
  「これは死んでるの」
  「はは やまどん イノシシが生きていたらこんな写真が撮れるか !! 」

ごもっともあります
定年前の福岡勤務の頃 嘱託職員として来てもらっていた
元県警の刑事経験者から こんな言葉を聞いておりました

  「死んだ人間は怖くありません。
   少しでも息のある人間は いつ襲われるかと怖くてたまりませんでした」




  " 緊迫のイノシシ捕獲の写真見ゆ魚拓のごとくわれに見へたり (やまぐち二茶) "



[PR]
by yamayusaku | 2014-07-29 06:04 | 友人レポート
d0244960_16215668.jpg



久しぶりにマンホールコレクションの復活であります
先日 先輩との久しぶりの飲み方で 
旧山口市街を散策した時に 新しき絵柄のマンホールを見つけました

山口七夕提灯祭りの絵柄でありました
早速 ウィキペで調べてみました


   山口七夕ちょうちんまつり(やまぐちたなばたちょうちんまつり)は、
毎年8月6日・7日に山口県山口市 の中心商店街およびパークロード周辺で行われる祭事。

   約550年前の室町時代より始まり、大内氏の第26代盛見が父大内弘世を祀った盆提灯が
各家庭に広まったものが由来といわれている。

   約10万個の紅提灯が織りなす炎のトンネルが幻想的である。
   高度成長期には湯田温泉街にも同様に提灯が飾られていた。
   近年は景気の後退により若干縮小されているが、ちょうちん山笠と、
紅提灯で飾られた3基の提灯みこしが山口駅通りを練り歩く。
うち1基は姫みこしと呼ばれ、公募による女性らの手で担がれている。
   (ウィキペより)


一度 地元に住む友人と見た記憶はあるのですが よく覚えていない

d0244960_16222560.jpg


近くのお寺では こんな説教が書かれておりました
しばし 悠作はこの文字を読みつつ黙考いたしました

いい言葉だなぁ~~
今年のお盆は七夕提灯祭りを 見に行かないといけませぬねぇ  (^O^)



  " 煩悩は百八以上我にありしばし佇む寺の説教 (やまぐち二茶) "


d0244960_16241011.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-07-19 06:00 | マンホール・コレクション
d0244960_1716212.jpg


県都のJR山口駅近くの 「祇園御旅所(ぎおんおたびしょ)」 という看板が
気になってしょうがありませんでした
以前にも立ち寄ったことがありますが この大きな建物の前には
大きな広場がありました

広辞苑で調べてみました

  「神社の祭礼に、神輿(しんよ)が本宮から渡御して仮にとどまるところ。
   みこしやど。おたびどころ。」

ネットでも調べると 毎年7月20日~27日に山口祇園祭が開かれているそうです
  
  山口祇園祭は、 約600年前の室町時代、山口市で京を模した街づくりを行っていた
  大内氏の二十四代当主弘世が、京都から祇園社を観請し上竪小路に建立したのが
  現在の八坂神社で、これに併せて祇園祭も山口市で行われるようになったことが
  始まりといわれています。(ネットより)


d0244960_1716463.jpg


山口駅前通りには 歴史を感じるお店が並んでいます
おまけにこれが県都かと思われる静かな風情を感じます
木造三階建てのお店もありました

      ~~~~~~~~~~~~~~

お酒屋のショウウインドウには 山口の幻の銘酒 「獺祭(だっさい)」 が陳列されていました
なかなか手に入りません
安倍・オバマ会談で 安倍さんがプレゼントしたと聞いています

はは 落としどころのないブログになりました
山口祇園祭に行きたいと思いつつ 
地方交通の不便さゆえ 毎年逃しております


  " 山口に祇園御旅所を見つけたり祇園を名乗る地名はあらず (やまぐち二茶) "



d0244960_17281856.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-07-16 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_17582047.jpg



7月9日 広島の竹ちゃんから封書が届きました
近頃ブログサボりの激しい 悠作に対する激励と受け止めました

竹ちゃんは休耕田で 牛二頭を飼い始めました
悠作は犬と猫は飼ったことがあるけど 牛は想定外であります

  「わが家に牛(黒毛和牛) が二頭やってきた
   県の事業で、休耕田で牛を飼い"畜産の発展と荒れる農地を守ろう" と言うこと
    じゃろう 」


牛に対する短歌も二首送ってくれていました

農家経験のない悠作は TPPもことさら関心を持っていませんでした
竹ちゃんの手紙のおかげで 
これで日本の農家は TPPに立ち向かえるのか

深刻な気持ちになりました



" 高くてもわれ日本産肉求む友に対する気持ちなりけり (やまぐち二茶) "


d0244960_17583958.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-07-12 06:00 | 竹ちゃんレポート
d0244960_0534687.jpg



昨日 7月4日のこと 山口大学吉田キャンパスの池に
古代のハス 「大賀ハス」 が咲いているというので出かけてきました

前日の7月3日は長崎では 50年に一度の大雨が降り
山口でも一日中 雨が降り続き とても出かけられる状態でありませんでした

d0244960_054339.jpg
 【撮影:悠作ママ】

山口大学の前は何度も通るも キャンパスに入るのは 初めてのこと。。。
キャンパス内のどこで咲いてるのか 不安を持ちつつ出かけました

駐車場に入ると 目の前の池に人だかりができていた !!
はは おかげですぐに場所が特定できました (笑)

二年前に出かけた 「山口市・源久寺」 の大賀ハスが株分けされました ポチッしてね・源久寺の古代ハス 

2000年前の大賀ハスの説明は 二年前のブログで説明してますので割愛します

d0244960_0573316.jpg


ご本家の源久寺よりも池も大きく 大賀ハスの花の数も多すぎて
なかなか撮影の焦点が絞り切れませぬ
地元テレビのカメラマンとも出会いましたよ

d0244960_173446.jpg


悠作ママ すたすたとカメラマンに近づき 話しかけ始めました
  「この大賀ハスの撮り方のコツを教えてください」
  「・・・・・・」
  とカメラマンも困った様子であります  そして~~
  「これだけ花が多いと難しいですねぇ 綺麗な形の花を選んで背景をぼかして撮る
  のも面白いんじゃないですか」


はは このカメラマンさんも突然の申し出には困られたことでしょう (笑)
ともかく 楽しき一日でありました


  " 向きあへば二千年を生く花の息古代の蓮に人ら群がる (やまぐち二茶) "


d0244960_05614100.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-07-05 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_178156.jpg



山口県の観光などで いままであまりにも地味すぎた
玄関口の 「新山口駅」 の工事が開始されています


新山口駅ターミナルパーク整備(基盤整備)について情報発信元:建設課(小郡総合支所2階)新山口駅ターミナルパーク整備 新山口駅ターミナルパーク整備 新山口駅ターミナルパーク整備は、交通結節・アクセス機能の強化を図り、山口市・山口県の陸の玄関としてふさわしい駅空間の形成を目指し、7つの施設整備を進めています。(ネットより)


山口県の県都・山口は平成の大合併を終了したものの
島根県境の津和野町近くから 瀬戸内海沿いの集落が合併するも
いまだ人口20万人には達しておりません

一時期は当時の国鉄マン3000人が住んでいた交通拠点のこの旧小郡の街も
旧商店街を中心に閑古鳥が鳴いています

先日 県都・山口市の中心でわが会社の先輩との飲み会あり
山口線の山口駅へと出かけました

まず 自宅近くに停留所のあるコミニュティバスの最終・午後三時過ぎのバスで新山口駅に出ました
はは 新山口駅での一時間の待ち時間は 悠作の撮影タイム・・・

山口駅近くの飲み屋街に行くにもこのアクセスであります
山口駅→新山口駅の帰りの最終は22:05分でありました

帰りはタクシーしかありませぬ・・・
もう高齢者の年金は減らさないで !!

せめてささやかな悠作のリタイア後の生活を
楽しませてくださ~~い・・・



 " 紫陽花の首は九の字に曲がりたり来年を待ちハサミ入れたり (やまぐち二茶) "


d0244960_1783714.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-07-01 06:00 | 山口ぶらぶら