夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0244960_14583687.jpg



悠作 47歳から51歳まで 島根県松江市に
赴任しておりました

島根県内をくまなく歩きました
地元山口県よりもたくさん歩きました

日本海に浮かぶ隠岐の島へは 5~6回は行ったでしょうか
松江市内からバスで約一時間くらいにある「七類(しちるい)港」を出て
高速船に乗ると約一時間で 隠岐の中心・西郷港に到着します
この桟橋そばのお店で
この「隠岐のしゃくなげ」を一鉢買って帰りました

逆算するともう15年を越えるかもしれません
この花を見ると 周りの方も情の深かった
島根県を思い出します


  " 西郷の港で買ひし一鉢の隠岐のシャクナゲ見事見事ぞ  (やまぐち二茶)  "


d0244960_1459559.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-27 06:00 |
d0244960_1740987.jpg
 【エビネの花】


「エビネ」 の花は なかなか育てずらいという印象を持っていました
去年 宇部市ときわ公園の「エビネ展」を見にいったとき
エビネをもらえるクジでたまたま この一鉢が当たってしまいました

育てる自信は全くありません
悠作のやることはたまの水やりくらいであります
その花が 今年咲いたのです !!


その鉢の傍らには
ブルーベリーの花が沢山咲いておりました



" わたしには育てられぬと思ってたエビネの花のけふ咲きをりぬ (やまぐち二茶) "


d0244960_17403872.jpg
  【ブルーベリーの花】
[PR]
by yamayusaku | 2014-04-19 06:00 |
d0244960_1624268.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-14 06:00 | フォト一首(一句)
d0244960_1833646.jpg



久しぶりに散歩道の 四十八瀬川に出向きました
小さな堰の水音のそばで アカメガシワ が新芽を吹きだしていました

素晴らしき自然の営み。。。
人知れず今年も繰り返しておりました



" 久しぶりだねと言ひつつ会話するアカメガシワもそのひとつなり (やまぐち二茶) "


d0244960_1814580.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-10 06:00 | 散歩道
d0244960_1891642.jpg


年に数回 この藩庁門が開くと聞き
一度は見たいと 山口県庁前にある 「旧山口藩庁門 」 へと出かけました

あいにくの雨強し !!
車を降りたら ゴロゴロゴロ 雷鳴が轟いていました

d0244960_1894882.jpg


この通行手形が欲しかったのです
そのために艱難辛苦を乗り越えて 悪天候の中を出かけました
あさ十時に開門です

d0244960_18101664.jpg


年に数回しか この門は開きませぬ
最終日のギリギリに出かけました

この日はほんとに寒かった !!
もっと早く開けてほしいと思えども 突然の雷雨に会っても
皆さん おとなしく開門を待っていました

d0244960_18272011.jpg


午前10時 係員の手によって 門が開き始めました

d0244960_1811577.jpg


右の戸 そして左の戸が開いてきました
何とこの門が開くだけで 視界の広さが全く違いました

d0244960_18113753.jpg


先着100名しか 通行手形がもらえないと地元紙には書いてありました
悪天候だったから 悠作にも通行手形が手に入ったのでしょう

はは 悪天候にひそかに感謝する悠作でありました


  " 晋作の気分になりてくぐりたり藩庁門に雷強し (やまぐち二茶) "


d0244960_1812790.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-09 06:06 | 山口ぶらぶら
d0244960_17562870.jpg



短歌サークルの吟行歌会の4月6日(日)のこと
4月3日の好天の平日には
駐車場が満杯で引き返した瑠璃光寺の桜を見に出かけました


ああぁぁ~~ 悠作の日頃の行いが悪かったのか
猛烈な雨でありました

傘を差しつつの撮影で レンズの水滴も拭けませんでした



" 雷は空でゴロゴロ鳴ってゐるそれでも撮りたし瑠璃光寺の桜 (やまぐち二茶) "


d0244960_17565054.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-08 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_10471758.jpg
【写真右下に蝶が写っています】


4月3日(木)  山口県庁前にある 「旧藩庁門」 の桜を見た後
近くに位置する 「一の坂川」 の桜見物へと向かいました

左右の川岸に咲く桜を見つつ 川原へ降りたら
黄色い花菜の花に蝶が接近していました
花菜に焦点をあて バックの橋と桜はぼかして撮りました
数枚撮った中でこの一枚だけ 蝶が写っておりました


       室町時代に大内氏が一の坂川を京の鴨川に見立てて街割りをしたといわれており、
       山口が西の京といわれる所以となっている。左岸の竪小路エリアには現在も当時の
       町並みが多く残る。(ウィキペより)


d0244960_10475821.jpg


一の坂川は 全長5.3㎞の小さな川です
山口市の中心を流れる椹野川(ふしのがわ)に注ぎ込み
瀬戸内海へと流れ込んでいきます

この小さな川には 数本の小さな橋が架かっており
橋の上から桜を楽しむ人たちも華やいでおりました

d0244960_10484919.jpg


左岸の竪小路エリア側には しゃれたカフェや雑貨店などが並んでおり
花見客も足を止めつつ歩いていました

d0244960_10501936.jpg


足元に目をやるとマンホールではありませんが
一の坂川の 「桜とホタル」 の絵が道路に貼り付けられています
毎年6月頃になると この場所でホタルも見られるのです
山口市の中心でホタルが見られるなんて
有り難き自然環境でありますねぇ~~

そうそう ベルさん この川原ではカワセミも見られるって
「やまぐち本 "やまぐち歴史・文化・自然検定"公式テキスト」 に書かれていましたよ



" 週末の天気悪しの予報ありさくら散る前一の坂川歩む (やまぐち二茶) "


d0244960_10504826.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-05 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_1562694.jpg
【 桜吹雪を飲み込みそうな貪欲な鯉の口 !! 】

昨日の朝(4月3日) 地元の天気予報を見ていたら
夕方には雨が降るとの予報だった

桜もほぼ満開状態であり 雨が降れば散ってしまいます
慌てて桜めぐりへと出かけました

まずは山口県庁前にある 「旧藩庁門」 へと向かい
次に県庁裏にある瑠璃光寺 
そして 山口中世の大内時代に大内氏が京の鴨川になぞらえた
一の坂川の桜見物へと 馳せ参じました
残念ながら 瑠璃光寺は平日というのに割と広い駐車場にも空きなしで断念しました

山口・藩庁前のお堀では この派手な錦鯉のお出迎え。。。
口を大きく開けながら 花筏の桜が餌みたいな風情でありました


d0244960_157087.jpg


これが 旧山口の藩庁門であります
既にさくらは終盤にかかっていました


    この門は、元治元年(1864年)時の藩主・毛利敬親が、藩政の本拠地を萩から山口へ移すため
    建設した山口政事堂の表門として築造されたものと言われています。
    築造当時は、幕末の動乱期にあたり、高杉晋作、桂小五郎、伊藤博文等の藩士が足早にこの門を
    往来したことと思われます。 (ネットより借用)


d0244960_159986.jpg
【撮影:悠作ママ】

ここは静かでありました
出会ったのは このカメラマンだけ 。。。
ゆったりと桜を堪能させてもらいました



  " 晋作も小五郎礼しくぐりしか藩庁門の桜散りをり (やまぐち二茶) "


d0244960_1593215.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-04-04 06:00 | 山口ぶらぶら