夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー

<   2014年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

d0244960_16213753.jpg
 【ノートリミング】


川からはかなり離れた市営住宅の駐車場。。。
その車の上を歩いている鳥が目に入りました

とっさに 「ハクセキレイ」 だと思いました
帰宅して悠作ママにこの写真を見せると
  「キャー この鳥 無賃乗車だ !! 」 ですって・・・

コンビニの駐車場や新山口駅の構内を
チョコチョコと歩いていた鳥と どこか違う ???

野鳥図鑑を調べます
セキレイにはそれぞれ棲み分けがあって
一番 住宅街などで住民に目に触れるのは 「ハクセキレイ」 だとあり
水辺に 「セグロセキレイ」 「キセキレイ」 と区分わけあり

でもこの鳥はどう見ても
       「セグロセキレイ」でありました

はは また一つ悠作の固定観念が壊されました



" 高台の団地道路に現れしセグロセキレイ川忘れたか (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2014-02-28 06:30 |
d0244960_15434052.jpg
【いつもはスッキリと見える眼下の山口市内】

朝 散歩に出かけると妙に煙たい !!
春霞ではなさそうだ
散歩の途中で雨が降り出したので 急いで帰宅しました

テレビの地元ニュースを見ると
どうも彼の国から飛んできた 「PM 2.5」 であったらしい
山口市でも 国の基準値を上回り注意情報が発出されたらしい
散歩途中の雨降りで 早々に帰宅したのは正解だった !!

雨が降るとPM 2.5を吸いこんで 酸性雨となり地上に舞い降りる
何とも厄介な代物だ (>_<)

根本的な対策は 発生源の治療しかないと日本の識者は言う 。。。
でも発生源の彼の国では
   「日本などの先進国の飛散量の方がまだ人口比率では高い」
てな理屈を並べて まだ対策に本腰があがってないと言っていました

ムーン、んたっく・・・
何とかしてくれぇ~~



   " 歌ごころも湧かぬ眼下のPM 2.5国境を越ゆ招かざる客 (やまぐち二茶) "


d0244960_1544261.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-02-27 06:30 | 散歩道
d0244960_18124422.jpg
【撮影:悠作ママ】


わが団地内でも梅が咲き始めました
よそ様のお庭の梅を撮ることにも行かず 晴天の瑠璃光寺に出かけていました

ウーン 少し早かった !!

d0244960_18133492.jpg
 【撮影:悠作ママ】

白梅は蕾 紅梅は三分咲きといったところか

d0244960_18141518.jpg


瑠璃光寺といえば五重塔ですが 本堂も立派なものです
たまには写しておかなくっちゃ 。。。

本堂近くを写していたら
  「 ああぁぁ~~ 電池が切れちゃった 」
はは 今日はひとまず退散です
また ゆっくりと本堂撮影をいたしましょう  (^O^)



   " 咲き時の見極めつかぬ梅の花けふは早くて明日は遅かり (やまぐち二茶) "


d0244960_18165584.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-02-25 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1620462.jpg



昨日は夜明けから すこぶる好天でした
これまでいい天気が続かず 気持ちも憂鬱気味でありました

   「何か美味しいものが食べたい !! 」

悠作ママの一声で 出かけることとなりました
前日 テレビで放映されていた下関市の牡蠣焼き小屋風のお店に出かけました
店員さんも親切で なかなか感じのいいお店でした

悠作夫婦にとっても非日常の昼食でありました
はは お値段のほうは秘密としておきましょう (笑)

今度はいつ行けるのやら 。。。
牡蠣・ハマグリ・ホタテ・ウチワエビの焼き立てを堪能いたしました
はは 本当に今度はいつ行けるのやら 。。。
楽しきひと日でありました



" 外食は年に数度の贅沢ぞ近く年金減額さるも (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2014-02-24 06:30 | 日記
d0244960_1920324.jpg



まだ風の冷たい昨日の散歩道の出来事でありました
花もないこの時期は どうしても目が空に向かいます

目の前に小さな影が走ると
直感的に鳥が居ると感じるようになりました

今朝は枯木の葉を追いかけた野鳥と間違って
何十枚と連写で写真を撮って ガックリ !!

少し高めの電線に鳥が止まるのが見えました
シャッターを数枚切りました

                ~~~~~~~~~~~~

帰宅してパソコンの大画面に写しだすと
それは何と 「メジロ」 のつがいでありました

メジロと言えば
 「梅の木にメジロが似合う」  とか
 「庭木に刺したミカンを好む」  とかとの印象があります

電線に止まっても それは自然だから何も不思議ではないのに
先入観にとらわれすぎて居るのでしょうか
はは 固定観念って怖いものですねぇ~~



" 電線にメジロ居らぬと決めてゐる固定観念もろくも崩る (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2014-02-23 06:30 |
d0244960_17353471.jpg



東日本を突然襲った大雪被害の
お見舞いを申し上げます

雪によって 道を閉ざされ陸の孤島となっている地域の
何と多いことか

心痛みます ・・・
これが限界集落の拡大に繋がらないことを祈るのみであります

もう これ以上 雪は降るな !!

昨日の川原の散歩道に ネコヤナギの芽が膨らみ始めていました
川面にも春近しの日差しが 注ぎ込んでおりました

春はもうすぐそばに来ていることを直感いたしました



" コンクリの護岸のせいや手とどかぬ二メートル下のネコヤナギの花 (やまぐち二茶) "


d0244960_1736010.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-02-20 06:30 | 散歩道
d0244960_16151758.jpg


いつもの朝の川原の散歩道 。。。
突然 大きな黒い鳥が空を舞いました

急に上を見上げると なぜか頭がくらくらします
大きな鳥の目がトリミングをしてもバッチリ !!

トンビだと思いますが 鳥の名何てどうでもいいのです
目がはっきり写っていて良かったです



" はっきりとパソコン画面で確認す目が写ってた満足したり (やまぐち二茶) "


d0244960_16154210.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-02-17 06:30 |
d0244960_17265985.jpg



この小さな川は 山口市の中心を流れる 「椹野川(ふしのがわ)」 の支流であります

長さは数キロメートルの小さな清流であります
川の深さはどのくらいか 分からぬけど川底まで透けて見えます

この川筋を 毎日キョロキョロと写材はないかと歩いています

昨日 この川で哀しき光景に出会いました
   「川底にキラキラ光るものがある !! 」

清涼飲料の空き缶でありました
でも コンクリート護岸で川の縁は囲まれており
約2メートル下のこの場所には降り口もありません

雨が降って自然にこの缶の残骸が流されることを祈りつつ
椹野川の本流に到達した時は 本流自体が汚れます

   「空き缶 タバコの吸い殻などのポイ捨ては止めましょう」

他に言葉の見つからぬ 散歩道でありました



" 一度だけタバコ吸い殻投げ捨てしわれも同罪二度としませぬ (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2014-02-13 06:30 | 散歩道
d0244960_10574872.jpg
【トリミングあり】

     ↓ のベルさんのコメントの通り この鳥は  「ミヤマホウジロ♂」  であることが判明しました
     ネットでも照らし合わせて確認をいたしました
     タイトル・本文の一部を訂正しました
     申し訳ありませんでした



空模様も悪いし 雨にでも会ったら大変と
最短の散歩コース 運動公園の周りを散策した

建国記念日で休日の為か 少年野球の車で一杯でした
近くの木々を見て歩きつつ
そろそろ帰ろうかと空を見上げたら
一羽の鳥が テニスコート脇の大きな木に止まりました

  「なにか頭にトサカのようなものが付いてる鳥だ !! 」

これまで見たことのない鳥だということもあり
慎重に写真を撮りました

帰宅して野鳥図鑑を見ると  「カシラダカ ??」 と思いつつも自信がなかった
別の角度から写した写真を見ると お腹の毛も白かった


    
     
           ミヤマホオジロ(深山頬白)は、スズメ目ホオジロ科ホオジロ属に分類される鳥類の一種。

           ユーラシア大陸東部の大韓民国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、
           ロシア南東部に分布する。

           夏季に中華人民共和国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、
           冬季には中華人民共和国南部や日本、台湾へ南下し越冬する。

           日本では冬季に基亜種が主に本州中部以西、四国、九州に飛来(冬鳥)する。
           東日本での越冬数は少ない。
           
           和名のミヤマは山奥ではなく「遠隔地」を指す。(ウィキペより)




お初の鳥でした
ベルさん 有難うございました 感謝します



" 頭にはトサカを持ちし鳥と会ふ興奮抑へひと呼吸する (やまぐち二茶) "


d0244960_10581021.jpg
   【トリミングあり】
[PR]
by yamayusaku | 2014-02-12 06:30 |
d0244960_16464112.jpg


いつもの川原の散歩道 。。。
野鳥には二種類あったものの みんな逃げられた
首にさげたデジイチがやけに重かった !!

重い足取りで帰宅のけっこうきつい坂道を登り始める・・・

どこかから子供たちの黄色い声が聞こえてきました
そこに偶然 白い大きな犬を連れた女性と園児たちがご対面していました

白い犬に触ろうか 触るまいか
園児たちは興味深々であるも どこか引けております

d0244960_1647865.jpg


白い犬を連れた女性に話しかけます
  「このワンちゃんは何歳ですか ?」
  「四歳です 元気な盛りで私も引っ張られどうしなんです」
と言いながら女性は坂道を犬に引っ張られながら
下っていきました

             ~~~~~~~~~~~~~~

園児たちは元気でありました
小一時間の散歩帰りの悠作には 目の前の急坂な山道を登る気持ちは起きませぬ

ふたりの先生に連れられて 園児たちはこの急坂を登り始めました
もうこれ以上は君たちには付き合いきれませぬ クッ! 

将来の日本をよろしくお願いいたしますぅ~~



" 急坂を園児らワイワイ登りをりついていけぬやわれ情けなや (やまぐち二茶) "


d0244960_16484221.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-02-11 06:30 | 散歩道