夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

わが先輩の絵画展。。。

d0244960_16315850.jpg
【わが先輩作 「追悼3.11」】 

 
先日 70代後半のわが先輩から 絵画展の案内が届きました
わが職場の先輩に絵を描かれた方がいたのです
山口県宇部市の小さな画廊でありました

まず飛び込んできたのが 「追悼3.11」 という作品でした
二年前の東日本大震災の時の被災者に対するレクイエム(鎮魂歌)。。。
こういう表現の仕方もあったのですね !!
しばらくこの絵の前から 立ち去れませんでした

もう16年も投稿している短歌結社「コスモス」への私の短歌は 次の通りでした


  「翼あるものは津波も恐れずにテレビ画面の空を飛びゐつ」

d0244960_16322369.jpg
【廃屋】

限界集落で悠作もよく見る風景です
gettengさんがテリトリーの都会の廃屋とは 全く違った風景です
都会でもローカルでもこういう廃屋に出会うと
こころ切なくなりますね

d0244960_16323915.jpg
  
【風景】

ここの現地でスケッチして この風景画を描かれたのでしょうか ?
もともと絵心のない悠作であります
どうしてこんなに克明な風景画が書けるのか
いまだに不思議でたまりませぬ (>_<)


d0244960_16325873.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-12-12 06:30 | 日記
d0244960_15542866.jpg



11月24日(日) のことですからもう10日前のことでありました
毎月一回開催の歌会サークル出席のため
山口市旧市街の 「ふるさと伝承センター」 へと出かけました

まだ紅葉も見れるかと少し早めに自宅を出かけ 大内義隆氏の菩提寺である
  「龍福寺(りゅうふくじ)」 へと向かいました

いつもより一本手前の路地を通っていましたら
  「山口七夕ちょうちんまつり」 のマンホールを新発見 !!
これが嬉しかったですねぇ。。。

d0244960_15544999.jpg


龍福寺の紅葉もなかなかのものでありました
参道は紅葉のトンネルでありました

「マンホールコレクション」というカテゴリーを作ったにもかかわらず
新山口駅前の山頭火マンホールを撮影して
もう一年以上も発見できませんでした


山口七夕ちょうちんまつり(やまぐちたなばたちょうちんまつり)は、毎年8月6日・7日に山口県山口市の中心商
店街周辺で行われる祭事。

約450年前の室町時代より始まり、大内氏の第26代盛見が父大内弘世を祀った盆提灯が各家庭に広まった
ものが由来といわれている。

約10万個の紅提灯が織りなす炎のトンネルが幻想的である。
(ウィキペより)


こんな由緒あるお祭りが山口市にはあったのですねぇ
来年は絶対に行かなくっちゃ !!



" 大内の文化残れる山口ぞサビエル雪舟ちょうちんまつり (やまぐち二茶) "


d0244960_15551253.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-12-07 06:30 | マンホール・コレクション
d0244960_17233611.jpg



 「吉田くんの鼻くそ」 というお菓子をもらいました

  これは美味かった !!

このブログをアップした直後の11月27日の 中国新聞の記事を
竹ちゃんは切り抜いて送ってくれました

ヌヌ 何と島根県内には19市町村に
この 「吉田くん」 のキャラクターが存在しておりました

広島の中国新聞に使用したいと電話をしました
答えは 「NO !! 」 でありました

著作権をって大切なものですねぇ~~  (^O^)



   " 物作りに先人の知恵散らばれり日本食はユネスコ認定さる (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2013-12-06 17:30 | 竹ちゃんレポート