夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花 。。。 パセリの花

d0244960_1740278.jpg



もう何カ月も前だろうか
ホームセンターに行ったとき パセリの苗を
一株80円で買いました

プランターに植え 何度か葉を収穫し食べました
そして 忘れていました
はは 「パセリの花」 が黄色く咲いていました

何ともないことではありますが
この何ともないことが 嬉しく感じる悠作でありました



" 台風はいま宮古島なり穂を伸ばすパセリ黄色き花なるを知る (やまぐち二茶) "


d0244960_17402281.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-21 06:30 |
d0244960_1522921.jpg



散歩道で珍しい蝶に出会いました
地面にへばりつくようなつがいの 「イシガケチョウ」 を見つけました
こんなことはめったにありませぬ
たわいないことですが 散歩道を豊かに感じるのです


    イシガケチョウ(石崖蝶・石垣蝶)はチョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。

    和名通りの石崖・石垣模様を持ち、ひらひらと紙切れが舞うように飛ぶ。
    (ウィキペより)



" 保護色に身を固めたるイシガケチョウよくぞ見つけしわれを褒めたし (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2013-06-20 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_1718552.jpg



わが悠作の手入れの悪さで 大切な花が次々と消えています
30年も育てた 「月下美人」 も完全に消えました
もう手元には残っておりませぬ

二株あった この 孔雀サボテン も今はひと株 ・・・
今年も10個以上の蕾をつけておりました

とある日 「あなた 蕾がもう二個しか残っていないよ !! 」
悠作ママの声に我に返り 慌ててカメラを持ち出しました

残りはこの二輪でした
ああぁぁ 嘆かわしいことですぅ ~~



  " だんだんと影ひそめたる孔雀サボテン最後一鉢われ守り抜く (やまぐち二茶) "


d0244960_17173752.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-12 06:30 |
切窓
d0244960_1557898.jpg


まるで額縁のような コンクリ壁の 切り窓 がありました
ちょうど 紫陽花 が咲いていました

 ここで言葉の疑問が湧きました。ただ、思いついただけの「切り窓」 。。。
  こんな言葉はあるのかと、早速、広辞苑で調べました。
  何とありました !!
  広辞苑によると 「切窓・・・羽目板・壁などに切りあけた、明りとりの窓。」とありました
  日本語って本当に奥深いですねぇ。

  

まるで一幅の絵のような紫陽花でありました
粋なお宅ですねぇ 。。。

あまりにも近くから写したので
なかなか上手く四角の窓枠のようには写せませんでした
これも腕のなさです
あきらめていますぅ~~ クッ! 



  " コンクリの壁くりぬかる切窓にいまを盛りと紫陽花の咲く (やまぐち二茶) "


d0244960_15572825.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-11 06:30 |
d0244960_17151978.jpg



この肉は悠作が切りました
何の肉に見えますか ?

実は イノシシの肉 なのです
めったには口に入らない貴重な肉であります
脂身はコラーゲン 。。。
女性の美容には大切なものらしいですね

昨年秋 悠作ママの幼友達から 50年ぶりの再会を祈念する
電話が届きました
悠作夫婦二人とも嬉しくなって
即座に近くに宿をとって お宅に伺いました

その時の模様はこちらを参照  http://yamayusaku.exblog.jp/17333769/ 

その時にいただいたのが 玄関口で炭焼きでいただいた
この猪肉でした
ご主人が自分で射止めた猪でありました

猪肉を送っていただいたことが 嬉しくて 嬉しくて
これは専用の網焼きの道具を買わなくっちゃ !!

ネットで申し込んで一週間で届きました
はは 値段は止めておきましょう
美味しいものは美味しい道具が必要だと
つくづく感じいる悠作でありました


  " 嬉しさは言葉一口現せぬ道具買いてもまだまだ足りぬ (やまぐち二茶)"


d0244960_18433954.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-10 06:30 | 日記
d0244960_1819367.jpg



庭に咲く時計草を一日眺めていました
「時計草」 と言われる不思議な花を 一日観察しておりました

これが花の由縁かと思われる写真を撮ることができました
はは この花に写欲が少し戻って来たようです

ありがとう と思う気持ちでいっぱいです  (^O^)

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-09 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_18261151.jpg



突然 イチゴ狩りに行きたくなった
片道40㌔ 出かけてきました

入園料は千円
イチゴの熟れた姿を見ると食欲の格闘心が湧いてくるも
やはり 「腹も身の内」 であります
欲の皮が張っていても そんなに食べれるものではありませぬ

たしか40年前に行ったときには 地べたに生えたイチゴを
屈みこんでたべましたが
今は高床式で立ったままで実を摘むことができました

やはり ゆっくりと味わいたくて
詰込み用のイチゴを買って帰りました



" 立つたままいまでは摘めるイチゴ狩り腹も身の内すぐ手の止まる (やまぐち二茶) "


d0244960_18264549.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-03 06:30 | 日記