夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

d0244960_1627522.jpg


気がつけば結婚して40年 。。。
はは 「思えば遠くへ来たものだ」 というヒット曲もありましたっけ !!
悠作ママと結婚記念の近間の一泊旅行へ出かけました
まず自宅から40分の山焼き後の 秋吉台に立つも寒くて 寒くて
写真を撮る気にもなりませぬ

それではと たまには美術鑑賞をしなくてはと
作品 「シベリアシリーズ」 で有名らしい 
山口県山陰・三隅町の 「香月泰男(かづきやすお)美術館」 へ出かけました

桜ちらほらの美術館前の一つの碑に 目を奪われました
「一瞬一生」

画家・香月泰男の座右の銘でありました
一瞬に一生をかけたのでしょうね

d0244960_16584370.jpg


案の定 館内は撮影禁止でした
20数年前 フランスのルーブル美術館にも行きましたが
「モナリザ」 も撮影自由でした
なぜ 日本ってこんなに厳しいのか
理由が分かりませぬ


d0244960_16281929.jpg


撮影できるのは 中庭だけでした
でもこの画家は手先が器用で玩具もたくさん残しておりました

お隣のお寺のピンクと白のモクレンが満開 !!
どう見てもゲージュツ素人の悠作には
こちらの方が美しかった

もう少し 芸術の耽美を知らないといけませんねぇ ・・・


 " 座右の銘一瞬一生分かるよな分からないよなしばしたたずむ (やまぐち二茶) >

"
d0244960_16282453.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-31 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_12562615.jpg



今年で40年目の結婚記念日を迎えました
40年の節目に 「チョイ旅」 を計画し
色々と調べて 長門湯本温泉の 「山村別館」 を予約しました


はは 「アワビ」 を食べたかった !!
自宅から 約一時間のチョイ旅であります


d0244960_12573670.jpg


こんなに料理が出てきました
彼女は 「上げ膳据え膳で最高だわ~~」

アワビにも タケノコごはんにも火が入りました
満腹の一日でありました


d0244960_12582131.jpg


出迎えてくれた仲居さんも感じ良かったし 
夕食をしていたら 隣の席の女の子が舞台に上がり
ポーズを取っていました
可愛いですねぇ~~

d0244960_1258282.jpg


この宿の食事会場のFさんは印象深かったです
今日は結婚記念日だと食事係りの女の子に話したら
すぐさま 「お祝いの飲み物をプレゼントします」 と 。。。
Fさんは飛んできました。。。
広島のgettengさんのお好きな 「いっこくもん」 を二杯注文しました

d0244960_12591770.jpg


話はがらりと変わります
約一時間 宿の下を流れる音信川周辺を散策しました


d0244960_130242.jpg



d0244960_1302530.jpg



d0244960_1304233.jpg


「恋人の聖地」 って 大げさかな。。。
この川原にハート型の石が埋め込まれているって 聞いたことがあるので
犬の散歩の奥様に聞きましたら
 「今は消えたようですね」 ですって !!

はは 悠作にとっては寒かったけど楽しき一日でありました


" この川は日本海へとつながれり妻と二人の温泉の宿 (やまぐち二茶) "


d0244960_131845.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-26 13:16

花 。。。 庭の花六つ

d0244960_1811017.jpg



わが家の猫の額の庭に花が咲き始めました
  「あっ 水仙が咲いている あなた写真撮って !! 」 との悠作ママの声に出ました
ずいぶん前に球根を植えていた水仙の花が咲いておりました

せっかくだからと見渡すと春の六種類の花が咲いていました



d0244960_1885163.jpg


これは 「レンギョウ」 です
今年はことのほか 花の付きが良い !!

d0244960_18104539.jpg


「ツルニチニチソウ」 も ヒイラギのトゲトゲの木の下で
花を数輪つけておりました

d0244960_1812995.jpg


福岡のまっくんさんから以前いただいたバラの木の下では
一群れの 「ヒマラヤユキノシタ」 が咲いています
お世話になった故郷のおばさんから 苗をいただきました
いま病気療養中・・・ 頑張って欲しいです

d0244960_18151056.jpg


車庫のそばの 「ヒイラギナンテン」 の花です
新築の折に魔よけで植えたものです
新潟のhohsiさんのお好きな花です 。。。

d0244960_1817755.jpg


最後は 「キルタンサス」 の花 。。。
福岡赴任の頃 近所に住んでいたおばあちゃんからの株分けの花です
悠作ママがいただいて 今も大事に育てておりますよ 。。。

一つ一つの花に思い出がいっぱいです !!



  " 世話いらぬマンシヨン良しと思へども花咲く庭に満足のあり (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2013-03-21 06:30 |
d0244960_2003921.jpg



昨日の天気予報は 「好天なれど黄砂強し」 。。。
PM.2.5 ではない

黄砂は中国大陸から飛んでくるらしいのですが
源泉は モンゴルのゴビ砂漠らしい


モンゴルが元だと言えば 彼の国のことだけ とやかく言えぬなぁ 。。。
でも白鵬の影が目につきつつも
日本の公害除去技術をもって 何とかならぬものか !!



   " 黄砂舞ひPM2.5に花粉症三重苦なり国境のなき害 (やまぐち二茶) "


d0244960_2012713.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-20 06:30 | 散歩道
d0244960_16531191.jpg



今の山口市小郡(おごおり)は昭和時代の旧国鉄のころは
鉄道の町として 機関区もあって賑わっていたらしい
当時の小郡町人口はおそらく二万人には届かなくて
その内の三千人強が中核の旧国鉄マンだったらしい

栄枯盛衰とはこのことか
今のJRの職員の数は知りません


    ~~~~~~~~~~~~


リタイアして五年にもなるのに初めて知りました
汚水処理のマンホールにも機関車が描かれていました

これも散歩道の新たな発見でありました



" 機関車の姿くっきりマンホールわが町かつて鉄道の町 (やまぐち二茶) "


d0244960_16532561.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-19 06:30 | マンホール・コレクション
d0244960_15171967.jpg



サクランボの花 は観賞用でなく ひっそりと咲いています
鑑賞用のソメイヨシノなどよりは2~3週間前より咲き
人の目に触れず咲き終わることが多い



d0244960_15173840.jpg



悠作の散歩道でも咲き始めました
背景のソメイヨシノの木よりも小木で 派手さがありません
この木も間もなく 野鳥除けの網がかけられます



" 桜とはソメイヨシノののみ非ずサクランボの花見逃すなかれ (やまぐち二茶) "


d0244960_15175380.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-15 06:30 |
d0244960_14442616.jpg



この時期は気温が20度を超えたり
翌日は10度を切ったりと体調管理もままなりませぬ (>_<)
月並みな写真でありました



  " 二十度を超える日もありけふ十度
        身には堪へる三寒四温 (やまぐち二茶) "

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-13 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_16224697.jpg



" 逆光に感度マイナス調整す
水は温みて反射の強し (やまぐち二茶) "



d0244960_1623345.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-12 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_2045755.jpg



リタイア後 五年間も何気なく通り過ぎていました
よく見れば凄い光景ではないか !!


写真二枚組にまとめてみました



" 種飛ばし岩を砕きつ伸び立つる
      杉の勢ひ命の強し (やまぐち二茶) "



d0244960_2051358.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-07 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_1624188.jpg



今日の散歩道 何も被写体となるものが見つかりません
山野草はこれからなので 
目は野鳥がいないかと側の川面ばかり見つめて歩くことが多いんです

オッ ! 頭上で聞いたことのない野鳥の声が聞こえました
が 鳥の姿の姿は見えませぬ チェ !
舌打ちしながら 何気なく見上げた栗の木に目の焦点が合いました

大きな木が丸裸になっていましたが
ひとつだけ 小さな塊が残っていました
よく見るとトゲトゲのイガグリ君が一つだけ残っていた !!

これも発見なのだ これでいいのだ !!
はは 赤塚不二夫調ですねぇ

小さな小さな自己満足の一日でありましたが
これでいいのだぁ~~ (笑)



" 何故ひとつだけ残りたる栗の殻去年の秋の残り香見上ぐ (やまぐち二茶) "


d0244960_1625724.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-03-05 06:30 | 散歩道