夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0244960_194342.jpg
【撮影:悠作ママ】

去年は全く来なかった ・・・
いつもメジロを追って ミカンをついばむヒヨドリは
鳥の世界では憎たらしき存在であります

でも二年ぶりの再会となると不思議な気持ちであります
鳥の世界の憎まれ役かもしれませぬが
二年ぶりに出会えば嬉しくなりました

今回も悠作ママ写真を借用いたしました
情けなぃぃ~~ クッ! 

さて五年半ぶりの安倍政権。。。
いかがなりますやら ・・・


  
   " さてもさて悪役なれるか安倍政権期待高しにくじけるなかれ (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2012-12-28 06:30 |
d0244960_176112.jpg
【撮影:悠作ママ】

この冬はなぜか メジロがわが庭に来るような予感がしていました
去年は見なかったヒヨドリもチョイチョイと顔を出していました

  「ねぇ あなた ヤマモモの木にミカンをさしてあげてよ」
  「去年も来なかったんだから 来るわけないよ」

少し土を盛って斜面にしているから わたしにはミカンも刺すことができません・・・

悠作は重たい態度で輪切りにしたミカンをさしてくれました

ミカンをさしてもらったら 来たんです メジロのつがいが !!
今回は悠作 眠っておりませんでした
余り撮る気もなくて アルミ製の簡易三脚にカメラに取り付けてくれました

可愛いですね メジロって !!


   " メジロの子らしきつがいがミカン食む居間から見へし幸のひととき (やまぐち二茶) "


d0244960_1761795.jpg
 【撮影:悠作ママ】
[PR]
by yamayusaku | 2012-12-17 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_13204495.jpg


悠作ママの幼友達 あっこちゃんに50年ぶりに会うために
周防大島の入り口・ 「大観荘」 に宿を取りました

周防大島出身の今は亡き作詞家・星野哲郎氏が命名された
「えん歌風呂」 が この宿の名物だとか。。。

あっこちゃんのご主人からも
「お風呂の中でマイクを持って 星野作品が歌えるよ ???」 と教えてもらいました

お昼から夕方の五時ころまで あっこちゃん宅にお邪魔し
とっぷりと暮れた道をホテルへと戻りました

d0244960_13211392.jpg


ホテルに到着して 悠作ママと夕食会場へ行きました
瀬戸内の新鮮な魚がいっぱいの夕食でした
ビールで乾杯し 焼酎を追加注文したら もうホロホロ状態になりました

d0244960_13214879.jpg


夕食も終わり あっこちゃんのご主人の言葉が気になって
悠作は一人で 「えん歌風呂」 へと出かけました

若いころ作詞家志望だった悠作は星野氏がお元気なころ 二度ほどお会いしています
一度目はもう40年以上前に東京に山口から出かけて行った
星野氏の先輩 「石本美由起作詞家生活25周年パーティ」 。。。
そして二度目は東京勤務の頃 新宿歌舞伎町のスナックで
偶然お隣の席となり ウィスキーを一杯ご馳走になりました

男湯の入り口で星野氏の言葉を見ながら そんなことを思い出していました
アッ !! 出かけたもののカメラなし クッ! 
慌てて ホテルの方に撮影してもいいと確認し取りに戻りました

d0244960_13221120.jpg


お風呂の中はものすごい湯気ですぐにカメラがくもります
タオルでレンズを拭きつつ 何枚も撮りましたがいい写真なし ・・・
お風呂の中では星野演歌が流れ続けておりましたが
お客は悠作たった一人でありました

ふとお風呂の壁面を見たら こちらにも星野演歌がありました
代表作の 「兄弟船」 でありました
レンズを拭きつつ やっと撮れました

d0244960_13224519.jpg


残念ながら名物風呂で星野演歌は歌えませんでした
湯船からは暗くて見れませんでしたが
朝方 見ることができた瀬戸の渦潮も見ごたえがありました


" 若き日の夢追ひし日の懐かしや星野哲郎あこがれの名なり (やまぐち二茶) "


d0244960_13231021.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-12-08 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_18242965.jpg


わたし 50年ぶりに幼馴染の 「あっこちゃん」  と会いました 
凄いんです この人 !!
50年ぶりだと言って 50のバラと 
来年もあいたいって 51本のバラを用意してくれていました

d0244960_18245860.jpg


ご亭主さんとも出会いました 悠作はなぜかキョロキョロしています
 「だんさん これは昨日しとめたいのししじゃ。油が乗っ取るぞ」

このお宅 入れ替わり 立ち代り 人の出入りの激しさです

悠作もこの島で最後を送りたいですねぇ
不思議とそんな気になる島でありました


" 50年月日経てども顔見れば一瞬のこと抱き合ふ二人 (やまぐち二茶) "



d0244960_18252871.jpg
【山口県・周防大島】
[PR]
by yamayusaku | 2012-12-01 06:30 | 悠作ママの独り言