夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

d0244960_17123047.jpg


散歩道の大きなモミジの木の枝が
3メートル下の川面に伸びています

ここには降りる階段もないために
川面の水温も確かめられませぬ

でも自然にモミジ落ち葉は川面に落ちていきます
手に届かぬ落ち葉の色も
なかなかのものじゃのぅ~~



" 落ちたればすべて終わりと言ふなかれ落ちてもわれは光持ちたし (やまぐち二茶) "


d0244960_17124810.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-28 06:30 | 散歩道
d0244960_13332673.jpg


庭の野鳥の水飲み場で何やら動いています
よく見ると スズメではない

平日の昼下がり。。。 
ソファ~の隣で悠作は気持ちよさそうにお昼寝です
仕方ないわね わたしが撮らなくっちゃ !!

  「ジョウビタキ」 のメスのようです
  
今年生まれた子供のように見えるけど
ベルさんに聞かないとよく分かりませ~~ん



" 肝心な時にいつでも眠りゐる亭主に見せし野鳥の写真 (やまぐち二茶) "


d0244960_1334765.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-25 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_1541207.jpg


二階の寝室で目覚めると
一階の居間に行き カーテンを開きます
毎朝の日課であります

目の前には小さな公園が 。。。
窓越しに 「モミジバフウ(紅葉葉楓)」 の大木が飛び込んできます


d0244960_15413992.jpg


この公園は桜の木と常緑樹の木と
モミジバフウが植えられています

秋はこのモミジバフウの紅葉が楽しみです
自宅からは徒歩で一分の距離かな
紅葉の最高の時期にはデジイチをさげて 撮影に出かけます

散歩をしていたおばあさんは 一歩進んで二歩下がりつつ
 「綺麗じゃのう 幸せじゃのう」
遠くまで車で出かけなくても 紅葉が堪能できました

これも幸せの一つかもしれませんねぇ  (^O^)
この葉の下に広がる団地は悠作の住む150戸の高台団地であります 



" どっかりとソファーに座りモミジバフウの苦労もせずに紅葉見てゐる (やまぐち二茶) "


d0244960_15415160.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-23 06:30 | 散歩道
d0244960_16322434.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-21 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_14435867.jpg


散歩道の運動公園も メタセコイア の黄葉で賑やかになりました。
はは 相変わらず平日は
たった一人の黄葉観賞でした

前から 横から たっぷりと時間をかけて鑑賞しました
有り難いことですねぇ 。。。



  " 背の高きメタセコイアの黄葉をもったいなしやひとり眺むる (やまぐち二茶) "


d0244960_14445539.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-20 06:30 | 散歩道
d0244960_1264248.jpg


前回のさるすべりの木から伸びた立派な松の木をアップしたら
悠作の友人・植木屋竹ちゃんからコメントが入りました
 「サルスベリの幹は空洞化しててその中に松の根がびっしりと詰まってると思うよ」

まさしく その通りでボランティアガイドさんからも同じ説明を受けました
 「これは寄生木(やどりぎ)と言いいます 」

ネットで調べるも適切なものはありませんでした
このボランティアガイドさん もう一か所紹介をしてくれました

もう一か所 モミジの新芽がサルスベリに芽吹いている場所に案内いただきました
背の低い方でも見えるように二段のブロックが積まれていました


d0244960_1265238.jpg


写真左に人だまりができています
ボランティアガイドさんの説明を受けつつ 「ウォー !」 と歓声が上がっていました

ここにモミジの新芽が出ていました

はは これからは悠作も忙しくなりますねぇ
このカエデの赤ちゃんの生育を定点観測をしなければなりませぬ  (^O^)


" 解散の声万歳と響をり命は大事この新芽を見よ (やまぐち二茶) "


d0244960_1271485.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-17 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1834712.jpg
【撮影:悠作ママ】

  「何 これ? 」 というテレビの番組を何度か見ました
 何気なく見ていたけどまさか 自分がそんな光景に出会うとは。。。
 不思議な出来事でありました

平日の紅葉見物に出向いたものの
さすが 瑠璃光寺も観光シーズンでした
駐車場もいっぱい !!
人混みの嫌いな悠作が帰ろうとしたら 悠作ママの一言です
  「せっかく来たんだから歩いてみましょうよ」 

瑠璃光寺のすくそばにある 「香山(こうざん)公園」  を歩きました

ボランティアガイドさんに誘われて行ったところが このさるすべりの木のそばでした
ここは 萩藩主・毛利家の墓所を公園にしています

  「サルスベリの木の間から 松が育っちょる 」
猿も滑るサルスベリの松が育っているから
合格祈願の木になったのでしょうか

d0244960_18342317.jpg
 【撮影:悠作ママ】

拡大するとこんな感じです
最近では 合格祈願の隠れスポットだとか !!

d0244960_18344645.jpg


さらに全体を見ると こんな感じでありました
これでは一般の観光客には認識できませんねぇ ~~

             ~~~~~~~~~~

はは 最後は紅葉と五重塔とのコラボレーションです



  " 合格の神と言はれどピンと来ぬわれには遠き木の神と会ふ (やまぐち二茶) "


d0244960_183505.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-14 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_19282515.jpg
 【撮影:悠作ママ】


山口市の観光名所・瑠璃光寺は
平日もかかわらず観光客でいっぱいでした

何と言っても五重塔と紅葉のコラボがこの時期のメインです
悠作ママ 逆に五重塔側から
紅葉の隙間を狙って 写真を撮っておりました

場所は特定できないけど
こういう視点も大事だと痛感いたしました



" 定番の構図を外し真逆なり違ふ角度で物見るも良し (やまぐち二茶) "


d0244960_19283311.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-13 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_15451883.jpg


散歩道を歩いても 今の時期は野草もなく
たまに野鳥と出会うくらいであります

ふと上を向いて歩いていると何の変哲もない
街灯の下に何かが動いていました


d0244960_15454945.jpg


何と高い街灯のすぐ下に蜘蛛の巣がありました 
早速 300ミリズームをいっぱいに寄せると
蜘蛛が蝶を捉えていました !!
 
こんな人目に触れないところでも
壮絶な生存競争が繰り広げられていたのですねぇ 。。。

まったく自然に 「上を向いて歩こう ♪ 」 と口ずさんでおりました  (^O^)



  " 生命の営み日々に続きをり手には届かぬ街灯の下 (やまぐち二茶) "


d0244960_15461554.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-12 06:30 | 散歩道
ベルさんのご指摘により、ノビタキであることが判明しました。
有難うございました。


d0244960_1662812.jpg


重たいデジイチとカーボンの一脚を首から下げて
  「今日も収穫はないだろうな。健康のために歩こう」 と散歩に出かけました

思いがけず 警戒心の薄いジョウビタキの子供でしょうか ?
目の前の柵に止まりました

はは やっぱり 「犬も棒に当たる」 感じでありました
歩いていないとこんな場面にも出会いませんものね
元気に歩けることが最高の喜びでありました



" 目の前にノビタキ初めて止まりたり警戒心の薄き鳥かも (やまぐち二茶) "


d0244960_1671285.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-11-05 06:30 |