夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

d0244960_5282395.jpg
【ひまわりに赤トンボが止まる。幼稚園児が作ったのかな】


何となく 意味深なタイトルとなりました
たしか昔の洋画にも同じようなタイトルがあったような ・・・

先日のコスモス見物のドライブの途中の出来事でした
数人の警察官が道路脇に立っておりました
そして急遽 道路脇へと誘導されました

  「なにか交通違反でもしたんじゃろうか」
恐る恐る車を指示されるまま 停車させました
助手席の悠作ママ いぶかしげに窓を開けると
  「おじちゃん おばちゃん 交通安全お願しま~~す」
幼稚園児の黄色い声が !!

そうだ 今は交通安全月間だっんだ
それにしても一瞬 肝が冷えました
脛に傷はないと言いますのに 。。。。 (笑)



  " 安全に運転してネと園児よりお願ひされてニコヤカ夫婦 (やまぐち二茶) "


d0244960_5291997.jpg
 【ひまわりの裏側にはこんなお願いが !!】
[PR]
by yamayusaku | 2012-09-28 06:30 | 日記
d0244960_2038253.jpg
 【今や山口名物の瓦そば】

なぜ お蕎麦を食べているのでしょう
はは そんなに先は急がないことにいたしましょう・・・

昨日の朝のこと 突然 コスモスが見たくなりました
急遽 山口県のコスモスの名所である  
下関市の 「リフレッシュパーク 豊浦」  に出かけました


d0244960_2039641.jpg


自宅からは一時間半のドライブコースであります
 「リフレッシュパーク 豊浦」 に到着するも嫌な予感がいたします

暇そうにお掃除をしていたおばちゃんが近付いてきました
 「コスモス見物ですか 十日以上早いですよ」
 「・・・  遠くから来たので入りたい」
 「なにもありませんよ」 
 「それでも入りたい」

入園料 ひとり二百円を払って入場しました

コスモスの名所と言うのに出会ったのは この一株だけでありました
この日に出会ったお客の一組が 空に向かって写真を撮っていました
あはっ 飛行機雲でした ↓

d0244960_20391290.jpg


「蝶々ハウス」なるものもありました
黒い蝶々の一対が飛び交っておりました
先ほどのおばちゃんにお願いしたら 鍵を開けてくれました
親切にしていただいて感謝感謝です
 「これはジャコウアゲハのつがいです 今はこの蝶だけしかおりません」

悠作にとっては初めての蝶でありました
 「こんなチョイ旅もなかなかいいじゃないか」

d0244960_20394592.jpg


さて この「リフレッシュパーク 豊浦」に小一時間いたでしょうか
でも係員の方たちには なんとなくホンワカ気分でよくしていただいたので満足しつつ
昼食時間と相成りました

そして立ち寄ったのが 瓦そばの元祖 「たかせ」でありました
山口県では 有名なんですよ !!



   " コスモスの一株咲くはこれも良し群れて咲くより個性強かり (やまぐち二茶) "


d0244960_20394713.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-09-27 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_16583062.jpg


悠作がまだ現役だったころ 「三時のあなた」というワイドショーが
流行っていたやに聞いております
どんな番組だったのか もちろん悠作は仕事中で知る由もありませぬ

わが家の庭にもどこから種が飛んできたのか
別名 「三時花」 という花が この時期になると咲き始めます

   「ハゼラン(爆蘭)」  であります


   ハゼラン(爆蘭)はスベリヒユ科の多年草で、鑑賞用に栽培もされるが、現在は多く野生化している。     
   南米原産で日本には明治時代にもたらされた。

   葉は長さ数cmで多肉、互生する。夏に高さ30cmほどの茎の先に円錐花序を出し、
   径3mmほどの赤い5弁の花をまばらにつける。
   ただしこの花は午後の2 - 3時間ほどしか開かないので(そのため三時花などとも呼ばれる)、
   丸いつぼみの状態で見かけることが多く、線香花火を連想させる(ハゼランの名はこのイメージから)。
                (ウィキペより)


belageさんが この花がことのほか好きなようであります
今年も律儀に咲いてくれましたよ  (^O^)



  " だんだんとピンクの蕾膨らみてパチンと開くハゼランの花 (やまぐち二茶) " 
[PR]
by yamayusaku | 2012-09-26 06:30 |
d0244960_13465076.jpg


なぜか写欲が湧かなくて困っています
何気なく庭を見ていると 蝶々がヒラヒラと。。。
慌ててカメラを持ち出して飛び出すも
蝶の止まりやすい花も咲いておりませぬ
はは 肩すかしばかりでありました

おやっ 赤き胴体のトンボが目の前をよぎりました
わが家には初めてのお客様でした
    「マユタテアカネ」  というトンボでありました
こういうお客様ならば大歓迎 !!
久しぶりに写欲が湧いて嬉しかったですぅ~~



  " ヒラヒラと赤き胴体目にまぶしマユタテアカネは木の葉に休む (やまぐち二茶) "


d0244960_13471021.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-09-25 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_17294075.jpg


どこに根を張っていたのか
今年もわが家の生け垣に彼岸花が咲いていました

おおっ 逞しき自然の生命力 !!
確実に秋近しです



" 葉もつけず突然咲きし彼岸花今年も秋はすぐそばにあり (やまぐち二茶) "


d0244960_17301674.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-09-20 06:30 |
d0244960_16243678.jpg


これも来月のクラス会の地元世話役会のことでありました
宿舎予定の場所との事前打ち合わせを終え
クラス会翌日の観光案内コースの下見を兼ねて数か所回りました

運転しながら 地元のやまちゃんさん 国道二号線を走りながらの解説です
   「 おっぉっ 悠作ドン ここが日本の床屋さんの発祥の地なんじゃ 。。。」
瞬間的な説明だったので写真は二枚だけしか撮れませんでした

後部席に乗っていた太一ちゃんとHちゃんは気が付かなかったでしょう
はは 後部座席のお二人は見事な銀髪に近かったよぅ~~ 。。。

床屋さんとは今の理容院と美容院を一緒にしていたのかもしれませんね
ますます 悠作は下関への興味が深まりましたであります



" 髪の毛の薄きは自然のことなるぞ自然に任せわれはいきゆく (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2012-09-18 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_16435186.jpg


国道二号線沿いに突然現れた灯台です
運転は地元・下関のやまちゃんさんであります
悠作は久しぶりに助手席からの撮影です


d0244960_1644161.jpg


「これは大事な灯台なんじゃ ウニャムニャ」 ・・・
せっかくの説明だったのですが 何が大事なのかよく聞き取れませんでした

帰宅してネットで調べるも この灯台の真相は
よく分かりませんでした

察するに潮流が早くて海運の難所でもある関門海峡の
海難事故を防ぐためのものだと思うのですが
調べることができませんでした


  「やまちゃんさ~~ん もう一度教えてくださ~~い」



  " ふむふむと聞いているよで聞いてない海峡灯台大事と言ふも (やまぐち二茶) "


d0244960_16442733.jpg
 【海峡の灯台と関門橋のコラボです。助手席でないと撮れません】
[PR]
by yamayusaku | 2012-09-13 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_17201251.jpg


来月 下関市で同窓会の予定です
中国地方五県から集まるため
地元世話役の四名が集まって 当日の観光コースの下見に行きました

下関市側の関門海峡にきらめくランドマーク 
   「海峡ゆめタワー」  に悠作も生まれて初めて登りました


d0244960_17202962.jpg


タワーの展望台は136メートル地点にあり
高所恐怖症の悠作はさすがにその高さに恐怖感を覚えました

三名の仲間からは 「悠作どんは下は見られないだろう」 と言われつつ懸命の写真撮影です
こんなに高い地点から関門橋を見ました 
凄い迫力でした ↑


d0244960_1720443.jpg


すこし場所を移動すると眼下には 「巌流島」  が見えます
対岸は北九州市門司地区です
2012年は宮本武蔵と佐々木小次郎の巌流島決闘400周年を迎えるそうです
周囲約1.6㌔の小さな島ですが
同窓会翌日にこの島に渡る予定であります

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悠作はなかなか タワーの窓越しに近づくことができませぬ
友人二人は窓際に立って この余裕であります
「悠作どん もっとこっちにこいや」 ・・・
はは 余計なお世話でありますぅ ~~ (>_<)



" 窓際に寄れぬ自分の情けなやスカイツリーもこれでは行けぬ (やまぐち二茶) "


d0244960_17205649.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-09-10 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_18363590.jpg


悠作宅の近くの県道を走っていると
  「このシマウマちゃん 可哀想よ !! 」
悠作ママがいつも気の毒がっています

アッシー君の悠作はよく見ることができません
散歩のコースを少し変えて 看板の前に立ちました

こりゃ~~ ほんとに可愛そうだなぁ ~~

秋吉台サファリパークの看板でありました
ドライバーもシマウマのこんな看板を見るとビックリするでしょうね
↓ の写真の看板下の黄色いガードレールは
山口県の県の花 「夏みかん」 をイメージしたものであります



   " ハッハッハ僕の顔ではありませぬ看板見つつシマウマ笑ふ (やまぐち二茶) "


d0244960_1837121.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-09-07 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_2182834.jpg
【山口と言えば山頭火とSLか】

BobCat62さんから
地域性のある  「マンホールの蓋」  を集めて見たらどうかと
コメントをいただきました
これは面白いな と早速 散歩道のマンホールを探し始めました

山口市小郡(おごおり) と言えば
SLやまぐち号と俳人・種田山頭火でしょうか

散歩道でこのようなマンホールを見つけました



" SLの発車の音がいま聞こゆ高台団地のわが家に居ても (やまぐち二茶) "


d0244960_2184624.jpg
 【人出もない散歩道で見つけました】
[PR]
by yamayusaku | 2012-09-06 06:36 | マンホール・コレクション