夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー

<   2012年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

d0244960_20543139.jpg
【上段の鳥が子供か ? まだ毛色が薄い。トリミングあり】


蝶やトンボ 。。。 そしてアブや蜘蛛などはよく出会っても
最近の散歩道では鳥の姿を見ることがありませんでした

昆虫撮りの悠作になりつつあったことを憂いてくれたのか
久方ぶりに電線の上で鳥のさえづりが聞こえてきました

     「セグロセキレイ」   の親子のようであります
今年生まれた子に飛翔の仕方を教えているのか
けたたましく鳴き合っておりました

久しぶりの野鳥のさえづりっていいものですねぇ 。。。
首に下げたデジイチもこの日だけは軽い感じがしましたよ

人間って勝手なものですねぇ  (^O^)


 
  " 囀れる子供を深く包むよにセグロセキレイの親の目優し (やまぐち二茶) "


d0244960_2114786.jpg
  【トリミングあり】
[PR]
by yamayusaku | 2012-07-31 06:30 |
d0244960_17351036.jpg


蜘蛛と言えば ジョウロウグモ くらいしか知らなかった
そして蜘蛛の糸の中に住んでいるものだと思っていました

散歩道で野草の花にしがみついている蜘蛛を見つけました
こんなところに糸を張るのかな ???

帰宅して「蜘蛛図鑑」で調べるも 余りにも種類が多くて
特定を断念しました
こんなに暑い日が続くと集中力も落ちてきましたねぇ。。。

はは 最近は昆虫撮りにはまっている悠作でありました



" 蜘蛛の巣をねぐらとしない蜘蛛の居てはてなはてなと写真撮りたり (やまぐち二茶)
"



d0244960_17353141.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-30 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_21315272.jpg


梅雨明けの声を聞き 
ここ山口も連日30度超えの猛暑日が続いている

この悪環境の中で急激に勢力を張る草があります
    「ねこじゃらし」    であります

おやおや ねこじゃらしの穂に
小さな虫がしがみついていました
最近は昆虫撮りに忙しい悠作 。。。
座り込んで写真を何枚か撮りました

人間からは嫌われ者の  「カメムシ」  のようであります
帰宅してネットで調べたら 「カメムシ図鑑」なるものも出てきました
なぬっ セミもカメムシの仲間 ???
そしてカメムシにもいろいろな種類が存在するらしい 。。。
これ以上は調べる気にはなりませんでした

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     「ねこじゃらし」 を主役にしようか
     「カメムシ」  を主役にしようか

そんなたわいないことに悩みつつ
結局 今日の主役は皆様に委ねることにいたしました

この際 主役はどちらでも良し 。。。
これも自然界の小さな営みでありました



" カメムシを抱擁したる猫じゃらし共存共栄美しきかな (やまぐち二茶) "


d0244960_21315288.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-28 06:30 | 散歩道

ボクは殿様だぁ ~~

d0244960_189589.jpg


リタイアして四年目になりますが
散歩道でトノサマバッタに出会ったのは初めてでした


 トノサマバッタ(殿様飛蝗 )は、バッタ目バッタ科に分類される昆虫の一種。
ダイミョウバッタ(大名飛蝗)とも呼ばれる。

    体長は35~65mmの大型のバッタで、オスよりメスの方が大きい。
    個体によって色に差があり、緑色型と褐色型の2つのタイプがある。 (ウィキペより)


やっぱり風格がありますね
このトノサマバッタは 緑色型かもしれません
ウィキペの解説を見ながら 疑問が湧いてきました

 
   「殿様なのか 大名なのかはっきりしてくれぇ (笑) 」


" 目を剥きてわれを睨めるバッタありボクは殿様頭が高いぃ~~ (やまぐち二茶) "


d0244960_1895775.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-27 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_18505731.jpg
  【撮影:すべて悠作ママ】

昨日の朝七時ころ 洗濯物を干しに庭に出ました 
  「あなた ツバメの集団が電線に止まってるよ !! 」 と 
テレビのニュースを見ていた悠作を呼びましたが
ニュースの方が気になるのか 体が動きません
数えてみると ツバメが19羽も !!
すぐにカメラを取りに戻り 
洗濯物も忘れて写真を撮りました


d0244960_18552293.jpg


ツバメの習性はよく分かりませんが
今年生まれた子供を連れて そろそろ南の国に帰るのかしら ?
赤い胸毛のツバメは今年生まれた雛かしら ?

子供が生まれ 飛び立つ準備ができたので
巣を提供してくれたお宅にお礼をしているのかしら ?

ものの10分もしないうちにツバメ集団はいなくなりました ・・・

           ~~~~~~~~~~~~~~

ようやく 悠作が出てきたときには後の祭りでした
   「ウッゥッ・・・」  と言いながら
   「オレも撮りたかった !! 」 ですって
あとで言われても私の責任じゃありませ~~ん   プッ !
 


" 旅立ちの御礼なのかな二十羽のツバメ集団宙を舞ひをり (やまぐち二茶) "


d0244960_18513179.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-24 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_17481142.jpg
【この蜂はミカドジカバチ ? 2012.7.15撮影】


七月の半ば過ぎだというのに 
ハルジオンの花はしっかりと頑張っています

しばらく観察していると 千客万来 !!

蜂の仲間でしょうか ?
帰宅してパソコンに落として見たら
肉眼では見えなかった蟻のような姿も 。。。。

ハルジオンの花には
昆虫たちで渋滞中でありました


  生命の営みって凄いなぁ~~


" 忙しく動き回れる昆虫をけふも包むめりヒメジオンの花 (やまぐち二茶) "


d0244960_17422473.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-23 06:30 | 散歩道
d0244960_2040085.jpg


カエデなのか モミジなのか
いつも迷ってしまいます

モミジとは秋の紅葉の印象が強いので
梅雨時はどう呼べばいいのか 。。。。

梅雨時に見たので勝手に 「カエデ」 と表してみました
何とも悩ましき木の葉でありますぅ~~

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-20 06:30 | フォト一首(一句)
d0244960_219438.jpg


お詫び
        田舎者さんより「カラスウリではなく"おおしらひげそう"ではないか」とご指摘をいただきました。
        「身近な野草・雑草辞典(主婦の友社)」で再度調べるとカラスウリの花とは違っておりました。
        "おおしらさぎそう"は、ネットで調べると、晩夏から秋に咲く花で葉の形も違っていました。
        よく似た花で「キカラスウリ(黄烏瓜)」 があり、こちらではないかと思います。
        この花も夜に開花し朝には萎むそうです。
        写真の花は午前10時30分の撮影でした。
        早朝に改めて花の確認をしてきます。
        田舎者さん、有難うございました。感謝しています。


いつか どなたかのブログでカラスウリの花を見て
悠作もいつか出会いたいと思っていました

子供のころには実家の近くでも珍しくなかったので
見れるのが当たり前だと思っていたんですねぇ 。。。

悠作の住む高台団地は
山を削り取って造成された団地であります

いつものコースをちょいと外れて歩いていたら
目の前に忽然と見覚えのある白い花が飛び込んできました

   念願の   「カラスウリの花(?)」  でありました

今日もまた 蒸し暑さを吹き飛ばしてくれた散歩道は
満足の行く散歩道でありました



" 郷愁は花より赤き実にあらむカラスウリの花は風に揺れをり (やまぐち二茶) "


d0244960_2110253.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-19 06:30 | 山野草
d0244960_6405315.jpg



雨上がりの運動公園の草むらには 独特の湿っぽさと匂いがある・・・
なんとも懐かしい郷愁に浸ることができます

山裾の木の葉の上に何かを見つけました
赤い目をしたハエのようです
ネットで調べるも  「ハナバエの仲間」 としか出ていません
花や昆虫でも蝶などと比べても調査・研究が遅れているのかも知れませんねぇ 。。。

                ~~~~~~~~~~~~~~

少し 場所を変えて山の陰の大きな木の葉にしがみついていた
    「ホタル蛾」  を見つけました

こんな出会いのあった朝の散歩は
何となく満足感が湧いてくるから 不思議なものですねぇ



" 赤き眼をしたる蝿・蛾に出会いたり湿度の高き散歩道にて (やまぐち二茶) "


d0244960_6413013.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-07-18 06:30 | 昆虫・生物

赤トンボの飛翔  ! !

d0244960_11134270.jpg
 【トリミングあり】

これで四度目の挑戦です
何とか 赤トンボの飛翔の瞬間を撮ろうと 運動公園の草むらに立ちました

目の前にたくさん飛んでいるのに
ファインダーを覗くと目の前に飛んでいません
ファインダーを見ても後ろの山にピントが合って
小さなトンボはカメラの画面に入らない !!  

手持ちではボケボケ写真ばかり・・・
ブルボンの頑丈な一脚をたてて トンボの到来を待ちます
現場でデジイチの画面確認するも小さくてよく分かりません


帰宅後はドキドキ ハラハラ 。。。
はは 三枚ほど見るに耐えられる写真が撮れていました


これが精いっぱいですぅ~~  (^O^)


  " 方向を急に変へたる赤トンボカメラ持つわれ対応できぬ (やまぐち二茶) "


d0244960_1114594.jpg
 【トリミングあり】
[PR]
by yamayusaku | 2012-07-17 06:30 | 昆虫・生物