夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー

<   2012年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

d0244960_22441050.jpg


勝手口を開け 洗濯ものを取り込みに出たら
庭の "龍のひげ " の中でトカゲが格闘をしていました

慌ててカメラを取りに戻りましたが まだ延々と格闘は続いておりました
私のことなど眼中にはないみたい・・・

ようやく決着がつきました !!
敗者は逃げ去るのみの運命です
何のために闘っていたのでしょうね
それはトカゲに聞かなきゃ分かりませ~~ん  (^O^)

             ~~~~~~~~~~~~

はは 悠作は今回もソファーの上で
お昼寝中でありました 。。。 (笑)


    
 " 負けたればスタコラサッサと逃げるのみトカゲ社会もあぁ厳しかな (やまぐち二茶) "  


d0244960_22443352.jpg

      ※ お詫び
         グロテスクな写真だったので、本当はベルさんのように写真は伏せて
         見たい方に 「絵柄を入れて、ここをボッチね」 としたかったのですが技術不足でした。
         申し訳ありませんでした。写真は小さめにいたしました。
         悪しからずご了解お願いいたしますネ。

[PR]
by yamayusaku | 2012-06-30 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_22345185.jpg
 【2012.04.17 撮影。トリミングあり】


たまには過去も振り返らなければいけませんね
撮りためた写真を見ていたら 蝶の写真を写しておりました
おそらくアップしようと思いつつ そのまま忘れていたのでしょう 。。。

 
      「ルリタテハ」   という蝶でした


アスファルトの道で羽根をたたんでいるところに出会いました
まわりの枯葉に間違いそうな地味な蝶でした
羽根を広げるところをじっと待っていました

やがておもむろに羽根を広げてくれました
   「何とも言えない瑠璃色の背中だぁ~~」

こんなに落差の大きな蝶とはなかなか会えませんねぇ 。。。。



    " 美しき背中持ちたるルリタテハいくら待ちても羽根を開らかじ (やまぐち二茶) "


d0244960_22351061.jpg
【2012.04.17 撮影。トリミングあり】
[PR]
by yamayusaku | 2012-06-29 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_2191984.jpg


昨日は隣町の悠作の歌友 Hさんのお宅の紫陽花見物に
夫婦で出かけました

「歌友」 とは悠作が月一度通っている短歌サークルの友人であります
悠作が写真を撮っていることを御存知で
   「うちの紫陽花が満開なので写真を撮りに来て !! 」  とのお誘いを受け 
馳せ参じた次第であります


d0244960_2193659.jpg


歌友とは言ってもHさんは 80歳を越えた大先輩のおばあ様です
趣味の世界は歳の差なんて感じないから素晴らしいですね !!

                ~~~~~~~~~~~~~~

Hさん宅に到着してビックリしました
敷地内にこんなに素晴らしい紫陽花畑が広がっていました

赤系統が多いから  アルカリ性の土壌なのでしょうか


d0244960_2195573.jpg




d0244960_21102086.jpg
d0244960_21103916.jpg 










                   ↑ 【撮影:悠作ママ】   

梅雨の合間です
雨にも降られることもなく たっぷりと紫陽花を堪能しました

そしてコーヒーを御馳走になりながら しばしの短歌談義 。。。
いまだ衰えぬHさんの短歌へのひたむきな情熱を感じながら
充実をした一日を送らせていただいた悠作夫婦でありました

帰るときには 飼い犬の 「ふうた君」 にも丁重にお見送りをいただきました  (笑)


    
    " 紫陽花は七変化とふ名を持てり土壌によりて赤青自在 (やまぐち二茶) "


d0244960_21123796.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-06-28 06:29 |
d0244960_1650539.jpg


散歩道に到着すると電動草刈り機のけたたましい音が響いていた
道の脇の伸び始めていた草たちが刈られ始めている

「これはイカン」 と悠作は先へと急ぎます
たしかこの先の岩の陰に 「ツユクサ」 が咲いているはずです

ああ~~ 間に合いました
電動草刈り機の犠牲になる前にカメラに収めることができました


      ツユクサ(露草は、ツユクサ科ツユクサ属の一年生植物。
      日本全土、アジア全域、アメリカ東北部など世界中に広く分布する、
      畑の隅や道端で見かけることの多い雑草である。
      
      朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。
                          (ウィキペより)


些細なことでも嬉しくなる散歩道を楽しんでいますよ   (^O^)


    " 岩陰にひそと咲きたる露草の深きブルーはわれを包めり (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2012-06-27 06:30 | 山野草
d0244960_20243181.jpg
【2012.6.23 10時53分撮影。トリミングあり】


今年も3月24日~11月17日の期間 SLやまぐち号が運行されています
運行日は土・日・祝日が中心です

初めて高台団地の公園から SLを狙ってみました
新山口駅の発車が10時48分。。。
五分後の10時53分に眼下約2㎞先の踏切を通過しました

300ミリ望遠ズームではこれが限界 !!
やはり 撮り鉄ちゃんのように直近から撮らないと 迫力は伝わりませぬ

               ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地元の悠作ですがまだ乗ったことがありません
新山口駅から島根県津和野駅までは約2時間 。。。
運賃は1,640円   緑の窓口での完全予約制のようであります

予約と言うのが面倒な感じでなかなか乗る気持ちになれません
いつでも乗れるという気持ちもあって もう数年が過ぎました

この灯台元暮らしがいつまで続きますやら・・・
なんとも情けない悠作でありました



   " 窓開けし夏のSL通学の懐かしきかな昨日のごとし (やまぐち二茶) "


d0244960_20244847.jpg
 【2012.6.23 10時53分撮影】
[PR]
by yamayusaku | 2012-06-26 06:30 | 散歩道
d0244960_20302643.jpg
  【モンキアゲハ。2012.6.12撮影】

最近写したもので 大事な蝶を忘れていました
団地内を散歩していた時 突然 大きな蝶が現れました
散りかかったサツキの花の蜜をヒラヒラ飛びながら吸っていました

突然の出現に慌てまくりました
いつもなら デジイチのシャッタースピード優先モードの
1/640秒もしくは1/800秒くらいで追いかけるのに
絞り優先モードのままの撮影でした

興奮して10枚以上撮りましたがピンボケばかり・・・
使えたのはこの一枚だけでした (>_<)

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

帰宅すると写真をパソコンに落として 蝶の名前調べです
調べて見てビックリです
      「モンキアゲハ」   という蝶でありました
ウィキペを見ると日本最大級の蝶と言うではありませんか  !!
もちろんお初の蝶でした


     モンキアゲハ(紋黄揚羽)は、チョウ目アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。
     日本最大級のチョウで、後翅に黄白色の大きな斑紋があるのが特徴である。

     成虫は前翅長60 - 75mm、開張110 - 140mmほどで
     日本に分布するチョウとしてはオオゴマダラやナガサキアゲハと並ぶ最大級の種類である。
     夏型は春型に比べて大型になる。 (ウィキペより)



今年は野鳥の姿が少なくて 散歩も気分的に落ち込み気味でした
はは これからは蝶撮り悠作に変身しましょうかねぇ~~


   " あきらめは禁物なりと言ふことかお初の蝶とけふも出会へり (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2012-06-25 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_18581880.jpg
   【撮影:すべて悠作ママ】

テレビのニュースを見ていたら
「ときわ公園に三種類の新しい猿さん登場 !! 」 と報じておりました
それではとお昼寝中の悠作を起こして 一路 宇部市のときわ公園に馳せ参じました

             ~~~~~~~~~~~~~~~~

でもガッカリ・・・  
新しいお猿さんたちは細かい間隔の金網の中で全体の姿が良く見えません
仕方なく 屋外の猿の集団へとチェンジしました

この春は出産ラッシュだったのか 子ザルたちもあちこちで動き回っていました
私は一組の親子猿にシャッターを向けます
まるで人間の親子にそっくり  !!


d0244960_1859638.jpg


子ザルが遊びに飛び出すと
親ザル同士がいちゃついていました  

あらあら 悠作の姿が見えぬと思ったら 木陰のベンチで一服中 。。。
猿は自分によく似ているから あまり見たくないのかしら ??

平日の公園は悠作夫婦を含め 二、三組だけでした
猿の集団が一斉にこちらを向いていました
まるで猿軍団に監視されているような一日でありました



" 人間の祖先は猿よ違ひなし仕草一つも人に似てゐる (やまぐち二茶) "


d0244960_18584910.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-06-24 06:30 | 悠作ママの独り言
d0244960_21504769.jpg


悠作はもしかしたら 凝り性かも知れないですね
いずれも花の大きさは一㎝にも満たない白い山野草の花が
気になってしょうがありませんでした


そのひとつがこの花です
散歩道の山裾にある運動公園に咲いていました



      「ヤブジラミ」   と言う花でした

    ヤブジラミ(藪虱)はセリ科ヤブジラミ属の越年草。(ウィキペより)


散りかかったサツキをバックに撮ろうと挑戦するも
白い花ゆえ 白飛びして花の輪郭もはっきりしない・・・
数回通い 最後はマクロレンズ持参でようやく完了でした



d0244960_21511761.jpg


d0244960_21512816.jpg


こちらの花は別の散歩コースの小川沿いに咲いていました
ニョロもいるかもしれないと思いつつ 草むらに入っての撮影でした
こちらも数回通いました


      「ウシハコベ」  と言う名のやはり一㎝にも満たない花でした


ハコベと似ています
「身近な野草・雑草(主婦の友社)」 で見るとウシハコベに違いないと思ったのですが
間違っていたらごめんなさいね


でもこの花のおかげで 夜行性の蝶 「ミズイロオナガシジミ」
昨日アップした 「ムラサキシジミ」 のお初の蝶との出会いがありました


まことに有り難き幸せなのでありますが
酸欠撮影には参ってしまいました (笑)



" わずかわずか一センチ足らずの山野草白き花ゆへ撮り辛きかな (やまぐち二茶) "


d0244960_21515631.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-06-23 06:30 | 山野草
d0244960_12374348.jpg


今年の散歩道は気候の異変か 鳥の姿をほとんど見なかった
春の山野草撮りも一段落すると次なる目標が必要なのです

次なる目標は小川の側などに棲息する蝶やトンボなどを追いかけましょう

今日も初めての蝶と出会いましたよ !!
      「ムラサキシジミ」  でありました



    ムラサキシジミ(紫小灰蝶)は、チョウ目シジミチョウ科に属するチョウの一種。
    開張約30-40mm。翅の表が青紫色で、周囲を黒褐色で縁取られている。 
    成虫で越冬し、年3-4回、6月から翌年3月にかけて現れる。平地の林やその周辺で見られる。
    花を訪れる事は少なく、成虫が主に何を摂取しているのか不明。(ウィキペより)



初めての蝶と出会うのはドキドキするほど楽しいことです
帰宅後は写真をパソコンに落として 名前探しを楽しみます
はは この散歩道も捨てたものではありませぬ 



" 君の名はムラサキシジミと言ふらしや誰がその名を付けたのだろうか (やまぐち二茶) "


d0244960_1238417.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-06-22 06:30 | 昆虫・生物
d0244960_15463444.jpg


もう 今の家に住み始めて20年を越えようと言うのに
わが家の 「南天の花」 に初めて気づきました


d0244960_15471164.jpg


南天の花とは 白い小さな蕾のようなかたまりを花だと思い込んでいました
それが今年 白い蕾のかたまりの中に
黄色い斑点のようなものが出ているのに気付いたのです

慌てて 写真  写真  !!

20年も経って 初めて気が付くとは何とお粗末なことか・・・
情けなくて穴があったら入りたい悠作でありました



   " じっくりと見てあげなくてごめんなさい南天の花初めて知りぬ (やまぐち二茶) "


d0244960_15472099.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-06-21 06:30 |