夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー

<   2012年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

d0244960_10134863.jpg



昨日は4月29日 ゴールデンウィークの始まりであまり人混みには出たくなかった・・・
でも天気もいいし 新聞の地元版を見ていたら
   「6000本 黄色のじゅうたん きょう菜の花祭り」
という記事を見て 急に出かけることにしました


山口の菜の花はだいたい3月末が見ごろなので
もしかしたらもう遅いかと思いつつ
宇部市の 「持世寺(じせいじ)温泉」> へと出かけました


はは やはり少し遅かったようですね



d0244960_1014929.jpg


持世寺温泉は戦国時代の武士が傷を癒した、地元豪族・厚東氏ゆかりの温泉地。
現在2軒の共同浴場がある。(ネットより)


小さな温泉で現在は二軒の温泉施設があるのみの静かな場所でした。
菜の花は温泉宿の前の一角にあるのみで
20分もしないうちに終了 !!


d0244960_10142942.jpg



それよりも目を見張ったのは
いまどき珍しくなったレンゲ畑でありました

花に近づき花の香を嗅いでみると
何とも懐かしい気持ちが湧きあがってきましたねぇ~~



d0244960_10144621.jpg
【撮影:悠作ママ】


「上の湯」 と言う温泉宿の前には人だかりができていました
悠作には 「自然卵」 のコーナーが気になっていました
生みの親のニワトリも展示され 
四個で三百円は少し高いかな思いつつ購入してみました


帰宅してすぐに「タマゴかけごはん」は美味しかったですよ  (^O^)


d0244960_1015173.jpg
d0244960_10154292.jpg



悠作ママはと言えば「自然卵」には興味がないらしく
「上の湯」に併設されている豆腐屋さんに入り込んでいました

持世寺豆腐『豆汰豆蔵(まめたまめぞう)』は日本の大地で育った大豆を
昔ながらの石臼で挽き 霜降山の銘水と
海水から採れた本にがりで丹誠こめて造りあげているそうであります


d0244960_1016831.jpg


店内を覗いてみるとなかなかいい雰囲気であります
悠作ママは「ざる豆腐」と「厚揚げ」などを購入しておりました


d0244960_10184415.jpg


本当は菜の花見物だったのに
「花より団子」 の一日でありました  (^O^)



" 花を愛で団子を愛す日本人卵と豆腐を買ふて帰れり (やまぐち二茶) "


d0244960_10164694.jpg
d0244960_1017982.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-04-30 12:00 | 山口ぶらぶら

わが庭の花 。。。。

d0244960_175819.jpg
 【ジャーマンアイリス】


わが家の庭にも花が
一斉に咲き始めました


福岡赴任の頃の薄紫のジャーマンアイリスです
一枝 借家の株をいただいて今やわが家の主であります



d0244960_17583441.jpg
 【隠岐のシャクナゲ】


これは島根県松江市に赴任中 隠岐の島で買い求めた
"隠岐のシャクナゲ"であります
去年は花をつけませんでしたが今年はつけてくれました



d0244960_17585212.jpg
 【先輩からいただいたツツジ】


これは20年前に職場の上司からいただいたツツジの花。。。
紅白でいただきましたが
白色はいつもワンテンポ遅く咲いております



d0244960_17591716.jpg
 【新婚当時 アマドコロ 悠作ママの実家から持ち帰りました】

白い花の撮影は難しいです
このアマドコロ ずいぶん昔に悠作ママの実家から
わが家に参りました



悠作の住む団地は山を削って台地にしたところです
家の日陰には自然な姿で マツバウンランがひそやかに咲いておりました



  " 思い出の深き花たちわが庭に一斉に咲きわれ忙しや (やまぐち二茶) "


d0244960_17594042.jpg
 【マツバウンラン】
[PR]
by yamayusaku | 2012-04-28 06:30 |
d0244960_1562450.jpg



これは  「キュウリクサ」  と言います
昨日 大連三世さんが小さな花の全景をアップされていました


悠作はここ数日 花の形の良いものを探していました
でもこの花もそろそろ終わり。。。


50枚ほど撮った一枚であります



" 葉を揉めば確かにキュウリの香りするちさき花なり窒息撮影 (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2012-04-24 06:30 | 山野草
d0244960_16233069.jpg
 【撮影:悠作ママ】


最近 「新しい鳥が来ているよ(悠作ママ)」
「そんなはずはないだろう」 と悠作は
たかをくくっておりました


写真を見たら お初の鳥でありまた
わが家のクロガネモチの赤い実をを食べている瞬間も捉えていました
鳥図鑑を見たら 「ホオジロ」 みたいです
ベルさん 間違いありませんか ?


残念ながら 決定的瞬間も少しピンが甘かったかな
ピントがあっていればトップ間違いなしの写真でありました
皆さんからの声が聞こえてきそうです

「悠作はまた寝ていたんだろう」
ハハ それ以上は聞いてくださいますな クッ! 



" 悠作は寝ておりませぬヒヨドリと思ひてシャッター鈍りをりかな (やまぐち二茶) "


d0244960_1624328.jpg
 【撮影:悠作ママ】

↓のベルさんのコメントでこの鳥は「ホオジロ」ではなく
珍鳥の部類に入る 「マミチャジナイ」 であることが分かりました
わが家の鳥図鑑は庭に来る約20種類の鳥図鑑で当然「マミチャジナイ」は
記載されていませんでした

訂正してお詫びいたします  (^O^)

[PR]
by yamayusaku | 2012-04-23 06:30 |
d0244960_1711072.jpg



今年の始めに悠作の散歩道に
山頭火の句碑が建ちました
この時のことはこちらを参照願います 
http://yamayusaku.exblog.jp/15445637/


このピンク色の花は何なんだろう ?
「桃か」 「八重桜か」


このご近所のおばあちゃんが犬の散歩へと出かけました
さっそく 悠作は聞きました
「これは桃の花ですか ? 」


「そうちゃ これは桃の花っちゃね」
確か右にもう一本木がありました
「あれは八重桜じゃ もう花も終わってしもうたよ」



でも山頭火の句碑にピンクの桃の花は似合いますねぇ 。。。。



   " 散歩人だけしか通らぬこの道に山頭火句碑桃の花咲く (やまぐち二茶) "


d0244960_1713458.jpg

【 ほうたるこいこい ふるさとにきた 山頭火 】
[PR]
by yamayusaku | 2012-04-22 06:30 | 散歩道
d0244960_065875.jpg

【カラスノエンドウ。名前は野に生えるエンドウで実が黒く熟すことを烏に見立てたものといわれる。ネットより】


山野草の名前の不思議は
カラスだとかキツネだとか 鳥や動物の名を
冠に持っていることです


散歩道では定番の必ず目にする
そして素通りしてしまう代表的な野草なのに・・・



  " カラスだのキツネだとかを名に持てる野草賑やか人は無視せり (やまぐち二茶) "



d0244960_071858.jpg

キツネノボタン(狐の牡丹)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。実の形からコンペイトウグサと呼ばれることもある。ウィキペ】
[PR]
by yamayusaku | 2012-04-21 06:30 | 山野草

ツバメの休息 。。。。

d0244960_740267.jpg
                  「 この写真はトリミングしました」


つがいで一休みしているツバメは初めて見ました
散歩道の小川の堰のうえに突然 二羽ほどやってきました
一日を飛び続けているこんなツバメの姿は初めてです



鳥図鑑で調べてもこれはツバメだ !!
写した三枚中二枚はボケていてボツでありました



  " つばくらめ水辺の休息珍しやすぐに飛び立ち写真ままならず (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2012-04-20 06:30 |
d0244960_1617584.jpg



ここ数年気になる花でしたが撮る機会を逃していました
なかなか個性的な花をつけておりました


いったい何の花だろう  ?
昨日 田舎者さんからもすすめられていた花の名サイト 「はなせんせ」 に投稿しました
すぐに反応がありましたよ

              ~~~~~~~~

「ミツバ(三葉)アケビ」
「アケビ」  
「ゴヨウ(五葉)アケビ」

と三種類の名前が寄せられました


アケビにもこんなに種類があるとは  !!
悠作が写したものは葉は五つありましたが
小川の上の近寄れない場所に咲いていたので 葉にノコギリ状の紋様までは
判明できませんでした。 (それがあれば「ゴヨウ(五葉)アケビ」だとか)

ああ~~ 花の名は難しくて
頭が痛くなりました



" まさかまさかアケビの花とは知らなんだ子供のころはおやつであつた (やまぐち二茶) "

d0244960_1617342.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-04-19 06:30 | 山野草
d0244960_2227436.jpg



たまには目先の違う美食を求めたくなるものです
先日 地元テレビを見ていた悠作ママ 。。。
近くのスーパーで産直市をやっているらしい


   「あの鯖寿司が食べたい !!」


           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~


昨日 出かけてきましたよ 。。。。
スーパーに着くと 早速お目当ての「鯖寿司」をゲットウ !!
滋賀県大津市産の鯖寿司でありました


おやおや 隣のブースには北の大地・札幌の美味しそうなお寿司がありました
こちらもウニとイクラのお寿司がある。。。


ついつい目が欲しがってこちらも購入します
合計3000円強。。。かかりました


はは 少し欲張り過ぎたようです
夫婦二人では食べきれない量でありました


こんな失敗はありませんか ?



" 美味しそう欲目に駆られ買い込むもすべて腹には収めきれずや (やまぐち二茶) "


d0244960_222737100.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-04-18 06:30 | 日記
d0244960_6121684.jpg




ユキヤナギ(雪柳)は、バラ科の落葉低木。
別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。 春に小さい白い花を咲かせる。
中国原産という説もあるが、日本原産であると考えられている。(ウィキペより)


   " 山影にひそと咲きゐる雪柳白き花ゆへ浮かびあがれり (やまぐち二茶) "


d0244960_6123732.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-04-17 06:30 | フォト一首(一句)