夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日記( 48 )

d0244960_11512886.jpg


昨日 1月10日 いつものように6時半に起きた
こちらの夜明けは7時過ぎなので まだ外は真っ暗。。。

ところがなぜか外は異様に明るかった !!
まわりを見たら銀世界なのでビックリしました

庭に出てみると ロウバイ の黄色い花が 雪の重みと必死に闘っていました

晴天が夕方まで続き この雪も溶けてしまいました
雪深き地にお住まいの方には 本当に申し訳ないです



" 存在を忘れていたよ数日も雪に耐へゐるロウバイの花 (やまぐち二茶) "


d0244960_11515444.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-01-11 06:30 | 日記

わが先輩の絵画展。。。

d0244960_16315850.jpg
【わが先輩作 「追悼3.11」】 

 
先日 70代後半のわが先輩から 絵画展の案内が届きました
わが職場の先輩に絵を描かれた方がいたのです
山口県宇部市の小さな画廊でありました

まず飛び込んできたのが 「追悼3.11」 という作品でした
二年前の東日本大震災の時の被災者に対するレクイエム(鎮魂歌)。。。
こういう表現の仕方もあったのですね !!
しばらくこの絵の前から 立ち去れませんでした

もう16年も投稿している短歌結社「コスモス」への私の短歌は 次の通りでした


  「翼あるものは津波も恐れずにテレビ画面の空を飛びゐつ」

d0244960_16322369.jpg
【廃屋】

限界集落で悠作もよく見る風景です
gettengさんがテリトリーの都会の廃屋とは 全く違った風景です
都会でもローカルでもこういう廃屋に出会うと
こころ切なくなりますね

d0244960_16323915.jpg
  
【風景】

ここの現地でスケッチして この風景画を描かれたのでしょうか ?
もともと絵心のない悠作であります
どうしてこんなに克明な風景画が書けるのか
いまだに不思議でたまりませぬ (>_<)


d0244960_16325873.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-12-12 06:30 | 日記
d0244960_11274457.jpg



10/13 山口県のブランド栗 「本当は栗拾いに行きたかった !! 西厚保の栗」  をアップしたら
   
       やま悠作さん
        クヌヤロウ!
       一人で食うんでない!!!!!!!!!!

と芋好き・栗好きのgettengさんからコメントが入りました

早速 この栗をお送りしたら
すぐに 「栗には栗焼酎を」 ということで
高知・四万十産の 「ダバダ 火振」 という栗焼酎が届きました

芋・麦・蕎麦などの焼酎は飲んだこともあるも
さすがに栗は初めてでありました
これからは秋の夜長の季節です
チビリチビリと楽しませてもらいましょう
gettengさん 有難う !!

それにしても 「ダバダ」 という名前が気になった ??
これは何語なんやろか ??

さっそくネット検索で意味が分かりました

  栗焼酎ダバダ火振は、四万十上流域の特産品である 栗をたっぷりと使った本格栗焼酎。

  四万十川上流域に位置する、大正・十和・西土佐地区の高知県北幡地域は、高知県内一の栗産地です。
  この3地域の郷土産品として1985年に誕生しました。

  そして「ダバダ火振」という変わった酒名の由来は、
  四万十川流域の暮らしの中で、山里では人の集まる場所を「駄場(ダバ)」と呼んでいたこと、
  また四万十川流域で古来より行われている鮎漁法に、夏の闇夜にたいまつの火を振り鮎を定置網に
  追い込む「火振り漁」があり、四万十川に関わるこの2つの伝統的な言葉から命名されました。
                (商品案内より)


はは 日本には珍しい名前の酒・焼酎は多々ありますが
さすがの悠作も 「ダバダ」 だけはビックリしましたねぇ !!


   「お初なる栗焼酎をいただきぬもったいなしやしばし飾らう  (やまぐち二茶) 」


d0244960_11224333.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-10-19 06:30 | 日記
d0244960_18484464.jpg


10月6日(日)はOB会のレク 「栗拾い」 の予定でした
悠作ママが体調を崩し 残念ながら参加できず・・・

OB会メンバーの栗農園を解放していただいてのイベントでありました

全国的には知られていませんが 山口ではブランド品の
 「山口県美祢市西厚保(にしあつ) の栗」 であります
 (訂正:本日10月14日 夫婦で西原農園に出かけました。ご本人にこのコピーをお渡ししたら
      東ではなく"西厚保"が正しいとご指摘いただきました。謹んで訂正をいたします)


d0244960_18535694.jpg
d0244960_18543814.jpg


可哀想だと思ったのか OB会の友人が悠作ママの入院先の病院まで
わざわざ届けてくれました

普通の栗よりは1.5倍くらいの大きさでしょうか
栗の実の幅は5㎝を超えておりました

ここの栗は 栗好きのgettengさんもよくご存知なんですよ
思いがけずに諦めていた秋の味覚を今堪能しております  (^O^)

友人って本当にありがたいものですねぇ。。。



d0244960_18501418.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-10-13 11:25 | 日記

自然災害は恐ろしや

d0244960_16281321.jpg
 【テレビ画面より・山口市阿東。】

7月28日 山口は記録的に豪雨に会いました
気象庁は 「経験したことのないような大雨」 として情報発信し
「ただちに命を守る行動を」 との呼びかけました

当日は 山口市内で月例の短歌会サークルに行く予定でありました
早朝から激しい雷雨が続き 稲光がするたびにビクッ !!
朝からJRも 新山口→島根県益田まで運休で
県内の参加者の交通手段も閉ざされてしまいました

午前10時 被災地に住まれているYさんから
  「今日は無理です 中止しましょう 」 と連絡が入りました
被災中心近くに住まれるYさんも
山口線の三つの橋が流されていたとは思われなかったでしょう・・・

d0244960_16283314.jpg
 【2013.7.31 地元情報誌 サンデー山口より】

線路がないとSLも走れません。
一日も早くJRは線路を復活して
SLやまぐち号の復旧に取り組んでもらいたいです
全国の皆さんの応援 お願いいたしますぅ~~

今日の一首はできませんでした


d0244960_16285757.jpg
 【2010.3.20 新山口駅での出発式】
[PR]
by yamayusaku | 2013-08-01 06:39 | 日記
d0244960_17493026.jpg



わが家の二鉢の ブルーベリー の
収穫期に入りました

島根県松江市に赴任していたころ
隣の八雲町に10坪ほどの家庭菜園を借りて
じゃがいも・タマネギなどを植えて
収穫の楽しみを感じていましたが。。。

それ以来の自宅庭での収穫の楽しみでした
はは 写真を写した後に全部 食べてしまいました



" 手をかけて熟れたる黒きブルーベリー鳥食ふ前にわれは食みゐぬ (やまぐち二茶) "


d0244960_1749564.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-07-29 06:30 | 日記

夏はハモ料理が一番 ! !

d0244960_16511531.jpg


親しき友人から メールが先日入りました
  「最近 ブログのアップがないが大丈夫か」 ・・・
これはいかんと思いました
保存乏しき写真のなかから写真を選びました
いつも悠作ブログを気にしてもらってるだけで嬉しいです !!

先日 後輩の転勤激励会で
山口大学前の小さなお店で
今年初めての ハモ料理 をいただきました

ハモは小骨が多くて調理が大変なようですね


     ~~~~~~~~~~~~~~

山口市のお隣 防府市も日本有数のハモ漁獲の拠点地で
京都の「ハモ料理」 を支えているそうです

さっと数秒 小骨を抜いたハモを味わいます
うまかっですぅ~~


  「けふもまた35度を超えました鱧喰ふてまた元気なりけり (やまぐち二茶) 」


d0244960_16512084.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-07-26 06:30 | 日記
d0244960_12272646.jpg
【2013.7.10 撮影】


「雨ニモ負ケズ 。。。。」 の宮沢賢治を真似てタイトルにしました
↑ の写真を撮った日の日中温度は 35.4度 !!
猛暑日でありました

おまけにこの日は電気工事のため
午後三時から一時間ほど停電・・・
慌てて団扇を引っ張り出しました

でもこの暑サニモ負ケズ ブルーベリー が完熟を迎えておりました
すぐに食べるのはもったいない !!
鳥に食べられるのももったいない !!


d0244960_12275022.jpg
【2013.7.2 撮影】

ブルーベリーの熟れた実だけでは面白くないので
定点観測をしておりました

↑ は一週間前の様子です
だんだんと色づき始めてきました

↓ は約三か月前の花の様子です
素晴らしいですね 自然って !!


  「 十分にブルーベリーは熟れいたり鳥より先に食べねばならぬ (やまぐち二茶) 」


d0244960_12282139.jpg
【2013.4.16 撮影】
[PR]
by yamayusaku | 2013-07-12 06:30 | 日記
d0244960_17151978.jpg



この肉は悠作が切りました
何の肉に見えますか ?

実は イノシシの肉 なのです
めったには口に入らない貴重な肉であります
脂身はコラーゲン 。。。
女性の美容には大切なものらしいですね

昨年秋 悠作ママの幼友達から 50年ぶりの再会を祈念する
電話が届きました
悠作夫婦二人とも嬉しくなって
即座に近くに宿をとって お宅に伺いました

その時の模様はこちらを参照  http://yamayusaku.exblog.jp/17333769/ 

その時にいただいたのが 玄関口で炭焼きでいただいた
この猪肉でした
ご主人が自分で射止めた猪でありました

猪肉を送っていただいたことが 嬉しくて 嬉しくて
これは専用の網焼きの道具を買わなくっちゃ !!

ネットで申し込んで一週間で届きました
はは 値段は止めておきましょう
美味しいものは美味しい道具が必要だと
つくづく感じいる悠作でありました


  " 嬉しさは言葉一口現せぬ道具買いてもまだまだ足りぬ (やまぐち二茶)"


d0244960_18433954.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-10 06:30 | 日記
d0244960_18261151.jpg



突然 イチゴ狩りに行きたくなった
片道40㌔ 出かけてきました

入園料は千円
イチゴの熟れた姿を見ると食欲の格闘心が湧いてくるも
やはり 「腹も身の内」 であります
欲の皮が張っていても そんなに食べれるものではありませぬ

たしか40年前に行ったときには 地べたに生えたイチゴを
屈みこんでたべましたが
今は高床式で立ったままで実を摘むことができました

やはり ゆっくりと味わいたくて
詰込み用のイチゴを買って帰りました



" 立つたままいまでは摘めるイチゴ狩り腹も身の内すぐ手の止まる (やまぐち二茶) "


d0244960_18264549.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-06-03 06:30 | 日記