夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:山口ぶらぶら( 74 )

d0244960_932045.jpg

         【撮影:悠作ママ】


少しボケています
水槽越しなのでご勘弁ください 。。。。

これは「ウシガエル」の子供なんですが
ウシガエルは特定外来生物に指定されており 通常 飼うことはできません



d0244960_955884.jpg



昨日 テレビの情報で出かけました
場所は秋吉台にほど近い「長登(ながのぼり)銅山文化交流館」に展示されていました


~~~~~~~~~~~~


  「長登銅山」は 奈良時代から昭和35年まで採掘が行われていた日本最古の銅山です
  奈良の大仏に銅を送ったので
  奈良登が訛って長登(ながのぼり)になったと伝えられてます。
           (文化交流館パンフより)



昨日は夏休みに初めての土曜日だというのに見物客は悠作夫婦一組だけでした
「今朝見たら足が一本増えていてもうビックリ ! !」 と言いつつ
交流館の女性の方から親切に説明していただきました  (^O^)



  " 悠作ら夫婦一組金色のオタマジャクシを見物するは (やまぐち二茶) "


d0244960_9101811.jpg

       【長登(ながのぼり)銅山文化交流館】
[PR]
by yamayusaku | 2011-07-24 09:18 | 山口ぶらぶら
d0244960_11262646.jpg



久しぶりに山口市・瑠璃光寺に出かけてみた
この時期は花もなく
五重塔とのコラボレーションの材料が乏しいのです


しかたなく五重塔の下を回っていると何やら歌碑らしきものが現れました
「若山牧水」の歌碑でした



d0244960_11275596.jpg



若山牧水 は好きな歌人です
なにしろ平易な表現で分かりやすくていい歌が多いですね
21歳の時に瑠璃光寺を訪れたらしく
歌碑の解説文を読むと碑文の書は牧水夫人の貴志子氏のものらしい
上手いものですねぇ 。。。

歌碑などの解説文で岩屋が良質の石材であるとのことが書かれているが
こんなことまで書くかいな・・・
ひとりで笑いつつ読みました (笑)

d0244960_11302350.jpg



    【若山牧水の代表的な歌】

■幾山河 こえさりゆかば さびしさのはてなん国ぞ きょうも旅ゆく
■白鳥は かなしからずや 空の青海のあおにも 染まずただよう
■白玉の 歯にしみとほる 秋の夜の酒はしづかに 飲むべかりけり



天下の大歌人・若山牧水の歌を前にしてとても悠作 今日の一首はできませぬ


d0244960_11322045.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2011-07-14 11:37 | 山口ぶらぶら

d0244960_1482686.jpg


先月の歌会で出かけた
山口市「ふるさと伝承センター」のロビーに
"山口薪能" の看板が立てられていました


薪能(たきぎのう)は、主として夏場の夜間、能楽堂、
もしくは野外に臨時に設置された能舞台の周囲にかがり火を焚いて
その中で特に選ばれた演目を演じる能。
「薪の宴の能」の意。起源は平安時代中期にまで遡り、
奈良の興福寺で催されたものが最初だという。
(ウィキペより)
d0244960_1494517.jpg


↑ 山口市の野田神社能楽堂で開催予定で二年ぶりの山口薪能らしい
野田神社能楽堂は偶然二月に訪ねていたが
能楽堂だったとは夢にも思いませんでした

野田神社に行くと入り口に
野田神社と豊栄神社二つを案内する石柱が立っています
豊栄神社は毛利元就を 野田神社は毛利敬親・元徳を祭神としています  
最後の写真の左奥に能楽堂が伸びています  ↓

" 薪能 " と言えばはるか昔 見た記憶がありますが
奈良だったか ? 京都だったか定かでありません
認知症が心配ですねぇ (_<)


地元新聞に入場料が書いてありました

   S席 一万円 A席 八千円

   B席 五千円 C席 三千五百円。。。

これを高いとみるか安いとみるか
" 薪能 " には素養にない悠作には判断できませぬ


"" 夏の夜の薪能とは魅力あるも素養なきわれ高嶺の花ぞ (やまぐち二茶) "

 
d0244960_14111410.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2011-07-13 14:25 | 山口ぶらぶら
d0244960_1925520.jpg

                【撮影:悠作ママ】   


悠作ママは先月
記憶のないまま左足の指がが骨折・・・
クリニックの治療でだんだん良くなってきたせいか
元気が出始めました


近くの宇部市にある 「ときわ公園の睡蓮を見に行こうよ」
おそらく 今はもう終わっていると思いつつ
悠作はそのご命令に反旗をひる返すことはできませぬ  (_<)


d0244960_19252871.jpg



睡蓮の咲く「しょうぶ園」に出かけましたが
睡蓮の花の盛りは
残念ながら過ぎておりました

でも周囲12キロの「ときわ湖」の湖畔には
涼しい風か吹き
散歩人が悠作夫婦の前を過ぎていきました


今までは
白鳥・黒鳥など約400羽がひしめき合っていた餌場には
鳥インフルで全部殺処分・・・
アオサギが静かに一羽 佇んでおりました


これも
世の中の定めでありましょうか ?



    " 白鳥も黒鳥も居ぬインフルの
     殺処分のあとアオサギ一羽  (やまぐち二茶) "



d0244960_19255156.jpg

               【撮影:悠作ママ】
[PR]
by yamayusaku | 2011-07-11 19:36 | 山口ぶらぶら