夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:山口ぶらぶら( 74 )

d0244960_1526175.jpg


いまや先月となった1月27日 ぽかぽか陽気に誘われて
  「そろそろ梅が咲いていないかな 横浜でも開花したって」

悠作ママも乗ってきました
彼女は自分のカメラを素早く 電池は大丈夫か・・・
セット完了しました

ところが ところが ところが
瑠璃光寺に到着したら 様子がおかしい・・・
梅の蕾が固すぎて・・・

            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中国人らしき観光客一組と賑やかに出くわしただけでありました
その陰より近くにお住みのニコニコ顔の爺様が近付いてきて
  「瑠璃光寺の撮影ポイントを案内しよう 」
それが ↓ の写真です

梅と五重塔を撮りに来た悠作でありましたが
ウーン 言われてみるとこの角度もなかなかよろし。。。

何でいいのか
  「フムフムフム・・・」
良く聞き取れませなんだ



" 梅が香を求めてきたり瑠璃光寺蕾固しや山茶花を撮る (やまぐち二茶) "


d0244960_15263857.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2014-02-01 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_12254749.jpg


長門市・大寧寺の紅葉を見終わった後
ほどなく近い美祢市・ 「弁天池」  に立ち寄りました

先日出かけたときに
モミジの木は少ないものの弁天池に映り込む様子を撮りたい !!
そんな気持ちに惹かれて やってきました

d0244960_12261376.jpg


↑ もう一つ狙いは モミジの葉先に広がるコバルトブルーの水面を狙いたいと思うも
こちらは上手く取り込めず・・・ 残念・・・ クッ! 

↓ 水面ではモミジの落ちた葉を餌と間違ったのか
いつもは見ることのない小魚たちが舞い上がってきておりました

d0244960_12263387.jpg


この日の客は 悠作を含め三組でした
静かな紅葉見物も なかなか乙なものでありましたよ



    " 紅葉の名所にあらぬ弁天池静か見守る三組の客 (やまぐち二茶) "


d0244960_12265079.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-11-17 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1631448.jpg


11月14日 まだ早いかなと思いつつ 紅葉見物に出かけました
出かけた先は山口の紅葉スポットである
長門市の 「大寧寺(たいねいじ)」 でありました

長門湯本温泉街のすぐ近くにあります
写真の数が多いので久方ぶりにPICASAのコラージュ作成に挑戦 !!
いやぁ~~ てこずってしまいましたよ


d0244960_1634471.jpg



  大寧寺(たいねいじ)は山口県長門市深川湯本にある曹洞宗の寺院である。
  山号は瑞雲山(ずいうんざん)。正式名は瑞雲萬歳山 大寧護国禅寺と称する。

  このお寺は、大内義隆主従の墓所でもあります (山口大内文化の中心人物・悠作注)

  1551年(天文20年)に大内義隆が家臣の陶隆房の謀反に遭い、山口を脱出後にこの寺に逃れたが陶軍に包囲される。
  義隆には、異雪慶殊(いせつけいじゅ)より戒名を授かった義隆は自刃し、寺も焼失した(大寧寺の変)。
 その後、毛利氏の庇護を受けて再建された。 (ウィキペより)


             ~~~~~~~~~~~~~~

           やはり 全寺紅葉には 少し早かったようです
           今年は異常気象だったせいか
           紅葉の見極めが難しいですねぇ 

お寺の売店前には 大きな木が白い花を咲かせていました
売店のおかみさんに聞きました
  「この木は山茶花ですか ?」
  「はいっ 山茶花ですよ 日本でも三本の指に入る大木と言われちょるっちゃ」
はは ホンマかいなぁ~~

  

" 紅葉の盛り見たくて出かけるもけふは早かり明日は遅かり (やまぐち二茶) "


d0244960_164510.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-11-16 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_17305157.jpg


久しぶりに 「日本百名水」 の一つに登録されている美祢市 「弁天池」 に出かけました
本年 4月23日に山口来訪されたSaas-Feeの風さんご夫妻をご案内した以来でありました

d0244960_17311998.jpg


今日は自分たちも飲む水 20リットルを汲みました
ちゃんと浄財をお支払いしました

d0244960_17313291.jpg


肝心の弁天池は 光線の具合が悪いのか うまく撮れませぬ
池から出た水のせいなのか
流れだした川の水底の石が何故か赤いのです

これは研究せねばいかんですねぇ ~~

" 試しにと弁天の水焼酎に薄めてみたり美味し美味しぞ (やまぐち二茶) "


d0244960_17314379.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-11-03 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1750728.jpg


紅葉で有名でわが家からは20分程度で行ける
両足寺(りょうそくじ)であります

自宅前の公園のモミジバフウも赤く色づいてきました

d0244960_17504473.jpg


悠作ママのリクエストで 「紅葉が見たい 両足寺に行こう !!」 ということで出向きました
悠作が言った通り 紅葉は全くありませんでした

d0244960_703351.jpg

















でもこの寺は 「ツワブキ」 の黄色い花でも有名なお寺でありました
見物客はわが悠作夫婦だけ !!

せっかく ここまで来たのに悠作ママは思いが果たせず機嫌悪し・・・
すぐに車に戻りました

「ツワブキの黄色もいいじゃないか」
これだけの群生は見たことがありませんでした !!


  " 想像の他なり群れしツワブキの谷間を歩む古刹雨降る (やまぐち二茶) "


d0244960_17512185.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-11-01 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1861842.jpg



急遽 北九州市に出かける要件ができ
なぜか このドライブインの 「貝汁」 を思い出しました

悠作の20代前半の頃ですが 雨後の竹の子のように
国道二号線沿いにドライブインが乱立いたしました

その後 倒産が相次ぎましたが 不思議といまもこの店は残っております


        ~~~~~~~~~~~~~~

当時 このドライブインは目の前の瀬戸内海で 「大あさり」 が大量に獲れていました
それが売りだったのですが 「えい」 という魚の大量発生で
瀬戸内のアサリは すべて食べつくされました

二時間も余裕を見て出かけて 「貝汁」 を食べました
あれから40年・・・ 綾小路君麿の言葉ではありませぬ
いまだに残っていたのであります
貝は小粒になりましたが 味は昔と同じでありました

ドライブインが今は 「道の駅」 に変ったのですかねぇ


  " 貝汁はドライブインと決めていたいま道の駅何が違ふか (やまぐち二茶) "




d0244960_1864430.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-09-21 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_1713039.jpg


久しぶりに鉄道に乗って 湯田温泉まで出かけました
さてさて 年二回もありましょうか
現役のころのOB会の集まりです
クルマ社会の山口の宿命であります

d0244960_1715889.jpg


新山口駅に入ると左書きの時刻表を眺め
明治時代のランプを醸し出す駅長室を撮るのが楽しみなのです

d0244960_1722118.jpg


今年7月28日の豪雨で 山口の観光の目玉である
「SLやまぐち号」 の走る橋が三つも落とされ
今年の津和野までの走行は 中止になりました

d0244960_1724316.jpg


「新山口」 から 「湯田温泉」 までの山口線の旅は約20分のチョイ旅であります
はは 左書きの 「湯田温泉」 の写真を撮りたくて
高校生たちの集団が降りた後 お目当ての写真を撮りに行きました

d0244960_173341.jpg


ローカル線の単線って なかなかいいものであります
ここに降り立つたびに石川啄木のある歌を思い出すんです

  「ふるさとの訛(なまり)なつかし停車場の人ごみのなかにそを聴きに行く」

これは上野駅で詠んだようでありますが
山口線にも雰囲気が残っています

小さな小さな湯田温泉駅を降りると 巨大な白いキツネのモヌュメントが迎えてくれます
この巨大さを現す写真表現ができなくて
いつも悶々とした状態になる悠作で~~す クッ!
白いキツネが自分の傷を癒やすために 湯田温泉のお湯を浴びていたいたのが
湯田温泉の起源らしいのです 

今日は啄木さまをピックアップいたしましたので
悠作の下手な歌はお休みいたしますぅ~~



d0244960_1735093.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-09-13 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_17322351.jpg


私が毎月一度 歌会サークルに出かける山口市「ふるさと伝承センター」のロビーに
この大内人形は展示されていました

ガラスケースのなかなので 光が反射して
毎月写すも上手く写真に撮れませぬ

大内人形の歴史を調べたら ↓ のような悲しくも愛おしい物語がありました


  山口市には、伝統工芸である「大内塗り」の雛人形『大内人形』 があります。              
  今からおよそ600年前、中国・朝鮮への貿易の主流品として大内塗(漆器)が輸出されていました。
  また、24代目大内弘世は京より 美しい姫を迎えましたんですが 姫があまりにも都を恋しがるので、
  慰めようと都より多くの人形師を呼び寄せ、漆のお人形を飾って喜ばせたんです。
  とっても微笑ましいお話ではないでしょうか。
  そんなお話から、大内人形は『夫婦円満』、『家庭平和』の守り神として愛され続けています。
                                 (ネットより)



このセンターでは大内塗の「箸つくり」 の講習会が行われているらしい
一度 出かけてみないといけませんね



" 京恋ふる妻への愛ぞ大内の殿は人形いまも残せり (やまぐち二茶) "
[PR]
by yamayusaku | 2013-08-19 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_20381514.jpg
 【撮影:悠作ママ】


先日の地元テレビニュースを見て
元気なひまわりを見に出かけました

その場所は山口県山陽小野田市の農園 「花の海」 であります
この日は最高温度 36度を超える予報でありました

悠作たちは珍しく この農園で作られた野菜を中心としたレストランに入りました

d0244960_20391446.jpg 


この農園のイタリアンレストランで
農園生産の野菜を中心とした名前は何度聞いても分からぬ
 「〇〇〇ピザ」 を注文しました
めったにたべないので扱いがよく分かりませぬ (>_<)

これで1,250円なり 。。。
高いのか 安いのかはよく分かりませぬ
この日の温度は山口市内で36.7度まで上がったとか !!


 d0244960_20394716.jpg




d0244960_20403667.jpg


腹ごしらえをして いざ出陣 !!
レストランから500メートル近くのひまわり畑に行きつくまでに
息絶え絶えでありました

これからの行動は 
もう少し涼しくなってから考えますぅ~~


" 何万本あるかわからぬひまわりは皆いつせいに東を向けり (やまぐち二茶) "


d0244960_2041199.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-08-09 06:30 | 山口ぶらぶら
d0244960_17102797.jpg



先日来 あまりに暑い日が続くので
  「下関の奥座敷の高地の温泉にでも行こうか」
と 夫婦で温泉一泊旅行に出かけました

山に囲まれた素晴らしき温泉地であります
チェックインを済ませ 部屋に入るとこの置き紙がありました

ガーン !!

せっかく来たのだから 高原の涼風を楽しみたかった !!

d0244960_17104949.jpg


こんなに落ち着いた雰囲気の小さなホテルでしたが
これも自然災害ですよね

こういう置き紙が置かれているホテルは良心的だと思いつつ
今回の旅は 残念ながらハズレだったと思いました


         ~~~~~~~~~~~~

でも下関の 「フク (下関ではフグのことを福を呼ぶふくと呼んでいます)」 をたっぷりいただきました
美味しかったですぅ~~  (^O^)


  " 昆虫の異常発生に宿悩むこれも自然災害責むることなかれ (やまぐち二茶) "


d0244960_17112982.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-08-08 06:30 | 山口ぶらぶら