夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

友人レポート 。。。。 イノシシ獲ったどう~~

d0244960_14155714.jpg
  【写真があまりにな生々しいのでフェードアウトをかけてみました】



7月22日(火) 二カ月ぶりの昔の職場のOB会の役員会に出かけました
秋吉台近くの美祢市のNさんから 顔を見た瞬間
  「やまさん 先週 イノシシをしとめたどぅ~~」
そして おもむろにこの写真を見せてくれました

一瞬 「残酷だな !!」 だともふと思いつつ
考えてみれば 飼育された牛や新鮮な生きた魚の刺身も食べているよな・・・

  「Nさん この写真を貸してください ブログにしますから」 。。。

捕えた瞬間のことを 説明してくれました


  「わなをかけとったんじゃ。
   鉄製のわなが左足にかかっとんじゃろう、逃げようとしてわなの周りを走り回ったんじゃろう
   な。
   鹿も時々かかるが足の骨が折れちょることが多いな。
   でもイノシシは足が短いからなんじゃろうか。
   足の折れたところは見たことがないんじゃ。ははは。  
   でもこのイノシシは 見つけたときは走り回ったんじゃろう くたびれちょったよ」

  「わしゃ 友達を呼んだんじゃ。弱っていても一人でし止めるのは無理じゃけぇね。
   このイノシシの牙は固い木の棒も真っ二つに折る力があるけえね」



現場を知らぬ悠作は トンチンカンな質問をします
  「これは死んでるの」
  「はは やまどん イノシシが生きていたらこんな写真が撮れるか !! 」

ごもっともあります
定年前の福岡勤務の頃 嘱託職員として来てもらっていた
元県警の刑事経験者から こんな言葉を聞いておりました

  「死んだ人間は怖くありません。
   少しでも息のある人間は いつ襲われるかと怖くてたまりませんでした」




  " 緊迫のイノシシ捕獲の写真見ゆ魚拓のごとくわれに見へたり (やまぐち二茶) "



[PR]
by yamayusaku | 2014-07-29 06:04 | 友人レポート