夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

旅 。。。。 広島県・帝釈峡の黄葉

d0244960_1943538.jpg
 【白雲洞の石灰岩の割れ間から見えた黄葉】


48年目のクラス会の翌日 10名で
広島県 「帝釈峡(たいしゃくきょう)」 へ出かけました
紅葉は少し遅かったようで残念でありました

いつもウィキペで調べていましたが 今回は広辞苑の辞書から調べてみました


  「帝釈峡は広島県北東部、帝釈川の渓谷。20㎞にわたる石灰岩台地の浸食により形成された
   岸壁で知られる。石灰洞が多い。周辺に縄文遺跡群がある。」 (広辞苑より)


この 「白雲洞」 は山口の秋芳洞に比べれば小さな鍾乳洞ではありましたが
立派な鍾乳洞でありました

鍾乳洞の割れ間に現れた黄葉は素晴らしかった !!
 


d0244960_4212055.jpg

入洞料250円を払い 白雲洞を散策しました
あいにくの小雨となり入口までの階段は
非常にしんどいものでした



洞内はかなり狭くて 
こんな感じで約20分かけて 奥行き200メートルの探索は終わりました ↓


d0244960_1953544.jpg


帝釈川沿いの散策も あいにくの小雨の中でありました
紅葉は終わったようで 
木々の黄葉は雨に洗われて かえって新鮮な美しさ !!

色とりどりの傘と黄葉の組み合わせはこれも良しかな 良しかなと
自画自賛しつつ歩きましたとさ・・・ ↓


d0244960_1962314.jpg


ここの見どころは 「雄橋」 でありました
パンフの解説によれば 以下のとおりでありました

   「渓水の浸食作用でできた長さ90メートル、高さ40メートルの日本一の天然橋です。
    自然が創りだしたこの橋は、"神の橋"とも言われています。
    世界三大天然橋のひとつとも言われ、国の天然記念物に指定されています」


悠作は14ミリレンズで撮影しましたが
とてもとても この橋の全景が撮れなかった
ウーン やっぱり自然の力には叶いませぬ ↓


d0244960_1991037.jpg


清流・帝釈川の川縁には 既に散り去ったモミジの落ち葉が・・・
ムムッ 残念至極ぅ~~ クッ! ↓


d0244960_1994234.jpg



d0244960_19101659.jpg


白雲洞・雄橋の見物を終えると
車で約20ほど移動し 「神龍湖(じんりゅうこ)」 へと向かいました

神龍湖は 周囲24㎞ 全長8㎞ の人造湖でありました
パンフには 「秋には神龍湖に面する山々が、赤く燃えるような紅葉を楽しむことができます」
との解説でありましたが
残念ながら 時すでに遅し・・・でありました (>_<)

10名全員で遊覧船に40分間ほど乗り込み 晩秋の光景を楽しむことができました
これも幸せなひと時でありました

全員の日ごろの行いが良かったのか ときおり薄日が差し込んでくれました
船のガラス越しの撮影なので 変な映り込みもありましたが
何とか耐えられる写真を二枚ほどアップしました

ハハ 単調な旅行記になってしもうたなぁ~~  ご勘弁くださいませ



  「どうしても酒量増へたり同窓会二日酔ひなり黄葉みるも (やまぐち二茶) 」


d0244960_19105835.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2013-11-26 06:30 |