夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

山口ぶらぶら 。。。。 えん歌風呂の宿に泊まる

d0244960_13204495.jpg


悠作ママの幼友達 あっこちゃんに50年ぶりに会うために
周防大島の入り口・ 「大観荘」 に宿を取りました

周防大島出身の今は亡き作詞家・星野哲郎氏が命名された
「えん歌風呂」 が この宿の名物だとか。。。

あっこちゃんのご主人からも
「お風呂の中でマイクを持って 星野作品が歌えるよ ???」 と教えてもらいました

お昼から夕方の五時ころまで あっこちゃん宅にお邪魔し
とっぷりと暮れた道をホテルへと戻りました

d0244960_13211392.jpg


ホテルに到着して 悠作ママと夕食会場へ行きました
瀬戸内の新鮮な魚がいっぱいの夕食でした
ビールで乾杯し 焼酎を追加注文したら もうホロホロ状態になりました

d0244960_13214879.jpg


夕食も終わり あっこちゃんのご主人の言葉が気になって
悠作は一人で 「えん歌風呂」 へと出かけました

若いころ作詞家志望だった悠作は星野氏がお元気なころ 二度ほどお会いしています
一度目はもう40年以上前に東京に山口から出かけて行った
星野氏の先輩 「石本美由起作詞家生活25周年パーティ」 。。。
そして二度目は東京勤務の頃 新宿歌舞伎町のスナックで
偶然お隣の席となり ウィスキーを一杯ご馳走になりました

男湯の入り口で星野氏の言葉を見ながら そんなことを思い出していました
アッ !! 出かけたもののカメラなし クッ! 
慌てて ホテルの方に撮影してもいいと確認し取りに戻りました

d0244960_13221120.jpg


お風呂の中はものすごい湯気ですぐにカメラがくもります
タオルでレンズを拭きつつ 何枚も撮りましたがいい写真なし ・・・
お風呂の中では星野演歌が流れ続けておりましたが
お客は悠作たった一人でありました

ふとお風呂の壁面を見たら こちらにも星野演歌がありました
代表作の 「兄弟船」 でありました
レンズを拭きつつ やっと撮れました

d0244960_13224519.jpg


残念ながら名物風呂で星野演歌は歌えませんでした
湯船からは暗くて見れませんでしたが
朝方 見ることができた瀬戸の渦潮も見ごたえがありました


" 若き日の夢追ひし日の懐かしや星野哲郎あこがれの名なり (やまぐち二茶) "


d0244960_13231021.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2012-12-08 06:30 | 山口ぶらぶら