夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

山口ぶらぶら 。。。。 幽玄の世界・薪能


d0244960_1482686.jpg


先月の歌会で出かけた
山口市「ふるさと伝承センター」のロビーに
"山口薪能" の看板が立てられていました


薪能(たきぎのう)は、主として夏場の夜間、能楽堂、
もしくは野外に臨時に設置された能舞台の周囲にかがり火を焚いて
その中で特に選ばれた演目を演じる能。
「薪の宴の能」の意。起源は平安時代中期にまで遡り、
奈良の興福寺で催されたものが最初だという。
(ウィキペより)
d0244960_1494517.jpg


↑ 山口市の野田神社能楽堂で開催予定で二年ぶりの山口薪能らしい
野田神社能楽堂は偶然二月に訪ねていたが
能楽堂だったとは夢にも思いませんでした

野田神社に行くと入り口に
野田神社と豊栄神社二つを案内する石柱が立っています
豊栄神社は毛利元就を 野田神社は毛利敬親・元徳を祭神としています  
最後の写真の左奥に能楽堂が伸びています  ↓

" 薪能 " と言えばはるか昔 見た記憶がありますが
奈良だったか ? 京都だったか定かでありません
認知症が心配ですねぇ (_<)


地元新聞に入場料が書いてありました

   S席 一万円 A席 八千円

   B席 五千円 C席 三千五百円。。。

これを高いとみるか安いとみるか
" 薪能 " には素養にない悠作には判断できませぬ


"" 夏の夜の薪能とは魅力あるも素養なきわれ高嶺の花ぞ (やまぐち二茶) "

 
d0244960_14111410.jpg

[PR]
by yamayusaku | 2011-07-13 14:25 | 山口ぶらぶら