「ほっ」と。キャンペーン

夕暮れ散歩


by yamayusaku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

今年は自分を楽しみたい

d0244960_16185694.jpg
去年の12月 昔の職場のOB会で瀬戸内に近いドライブインに
行きました

雲の切れ間から
「しあわせの架け橋」のような
夕日がこぼれ落ちておりました

今年は頑張ります !!
これからは自分の人生ですものね……

 " いつまでもくよくよするなと瀬戸内の
夕日こぼれてわれを励ます (やまぐち二茶) "



[PR]
# by yamayusaku | 2015-01-01 06:00 | 日記

今年の黄葉

d0244960_1855463.jpg



久しぶりの投稿となりました
ああぁぁ~~ 情けないことでございます
写真の入れ方も忘れていました

悠作ママの急逝後 カメラを手にすることができませんでした
もう数か月もたったある日のこと 
我が家の門扉に雑草のツルが黄葉して巻き付いていました

カメラを手にして写す気になりました
高倉健さん、菅原文太さん 二人の名優もこの世を去りました
はは 悠作ママが呼んだのかなぁ~~

ご心配いただいたブログ友のみな様 
有難うございました
ようやくブログに復帰できそうです 
今後もよろしくお願いいたします
  

 " 健さんも文太も逝けり妻も逝く庭の雑草黄葉しをり (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-12-03 18:36 | 日記
d0244960_19155611.jpg



久々のブログとなりました
わたし 7月25日に 悠作とも別れを告げずに
この世を突然と去ってしまいました

悠作は このお坊様の真下に 永代供養墓に
わたしを入れてくれました

d0244960_1917359.jpg


わたしが亡くなる7月25日の週に 
悠作と生前予約をしに行こうという予定でありました

子供のない夫婦にはこういう道しかありませんでした
でも悠作がわたしの意思をついで
この場所に納めてもらったことに感謝しています

悠作には早いブログ復帰を願っております
でも今は憔悴しきってコメ返しはできない状態だと
悠作は申しております

悪しからずご了解願いますね


  「吹く風や右へ左と動きをり俺しかおらぬと飯を炊きだす (やまぐち二茶) 」


d0244960_19173085.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-09-19 06:00 | 悠作ママの独り言
d0244960_14155714.jpg
  【写真があまりにな生々しいのでフェードアウトをかけてみました】



7月22日(火) 二カ月ぶりの昔の職場のOB会の役員会に出かけました
秋吉台近くの美祢市のNさんから 顔を見た瞬間
  「やまさん 先週 イノシシをしとめたどぅ~~」
そして おもむろにこの写真を見せてくれました

一瞬 「残酷だな !!」 だともふと思いつつ
考えてみれば 飼育された牛や新鮮な生きた魚の刺身も食べているよな・・・

  「Nさん この写真を貸してください ブログにしますから」 。。。

捕えた瞬間のことを 説明してくれました


  「わなをかけとったんじゃ。
   鉄製のわなが左足にかかっとんじゃろう、逃げようとしてわなの周りを走り回ったんじゃろう
   な。
   鹿も時々かかるが足の骨が折れちょることが多いな。
   でもイノシシは足が短いからなんじゃろうか。
   足の折れたところは見たことがないんじゃ。ははは。  
   でもこのイノシシは 見つけたときは走り回ったんじゃろう くたびれちょったよ」

  「わしゃ 友達を呼んだんじゃ。弱っていても一人でし止めるのは無理じゃけぇね。
   このイノシシの牙は固い木の棒も真っ二つに折る力があるけえね」



現場を知らぬ悠作は トンチンカンな質問をします
  「これは死んでるの」
  「はは やまどん イノシシが生きていたらこんな写真が撮れるか !! 」

ごもっともあります
定年前の福岡勤務の頃 嘱託職員として来てもらっていた
元県警の刑事経験者から こんな言葉を聞いておりました

  「死んだ人間は怖くありません。
   少しでも息のある人間は いつ襲われるかと怖くてたまりませんでした」




  " 緊迫のイノシシ捕獲の写真見ゆ魚拓のごとくわれに見へたり (やまぐち二茶) "



[PR]
# by yamayusaku | 2014-07-29 06:04 | 友人レポート
d0244960_16215668.jpg



久しぶりにマンホールコレクションの復活であります
先日 先輩との久しぶりの飲み方で 
旧山口市街を散策した時に 新しき絵柄のマンホールを見つけました

山口七夕提灯祭りの絵柄でありました
早速 ウィキペで調べてみました


   山口七夕ちょうちんまつり(やまぐちたなばたちょうちんまつり)は、
毎年8月6日・7日に山口県山口市 の中心商店街およびパークロード周辺で行われる祭事。

   約550年前の室町時代より始まり、大内氏の第26代盛見が父大内弘世を祀った盆提灯が
各家庭に広まったものが由来といわれている。

   約10万個の紅提灯が織りなす炎のトンネルが幻想的である。
   高度成長期には湯田温泉街にも同様に提灯が飾られていた。
   近年は景気の後退により若干縮小されているが、ちょうちん山笠と、
紅提灯で飾られた3基の提灯みこしが山口駅通りを練り歩く。
うち1基は姫みこしと呼ばれ、公募による女性らの手で担がれている。
   (ウィキペより)


一度 地元に住む友人と見た記憶はあるのですが よく覚えていない

d0244960_16222560.jpg


近くのお寺では こんな説教が書かれておりました
しばし 悠作はこの文字を読みつつ黙考いたしました

いい言葉だなぁ~~
今年のお盆は七夕提灯祭りを 見に行かないといけませぬねぇ  (^O^)



  " 煩悩は百八以上我にありしばし佇む寺の説教 (やまぐち二茶) "


d0244960_16241011.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-07-19 06:00 | マンホール・コレクション
d0244960_1716212.jpg


県都のJR山口駅近くの 「祇園御旅所(ぎおんおたびしょ)」 という看板が
気になってしょうがありませんでした
以前にも立ち寄ったことがありますが この大きな建物の前には
大きな広場がありました

広辞苑で調べてみました

  「神社の祭礼に、神輿(しんよ)が本宮から渡御して仮にとどまるところ。
   みこしやど。おたびどころ。」

ネットでも調べると 毎年7月20日~27日に山口祇園祭が開かれているそうです
  
  山口祇園祭は、 約600年前の室町時代、山口市で京を模した街づくりを行っていた
  大内氏の二十四代当主弘世が、京都から祇園社を観請し上竪小路に建立したのが
  現在の八坂神社で、これに併せて祇園祭も山口市で行われるようになったことが
  始まりといわれています。(ネットより)


d0244960_1716463.jpg


山口駅前通りには 歴史を感じるお店が並んでいます
おまけにこれが県都かと思われる静かな風情を感じます
木造三階建てのお店もありました

      ~~~~~~~~~~~~~~

お酒屋のショウウインドウには 山口の幻の銘酒 「獺祭(だっさい)」 が陳列されていました
なかなか手に入りません
安倍・オバマ会談で 安倍さんがプレゼントしたと聞いています

はは 落としどころのないブログになりました
山口祇園祭に行きたいと思いつつ 
地方交通の不便さゆえ 毎年逃しております


  " 山口に祇園御旅所を見つけたり祇園を名乗る地名はあらず (やまぐち二茶) "



d0244960_17281856.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-07-16 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_17582047.jpg



7月9日 広島の竹ちゃんから封書が届きました
近頃ブログサボりの激しい 悠作に対する激励と受け止めました

竹ちゃんは休耕田で 牛二頭を飼い始めました
悠作は犬と猫は飼ったことがあるけど 牛は想定外であります

  「わが家に牛(黒毛和牛) が二頭やってきた
   県の事業で、休耕田で牛を飼い"畜産の発展と荒れる農地を守ろう" と言うこと
    じゃろう 」


牛に対する短歌も二首送ってくれていました

農家経験のない悠作は TPPもことさら関心を持っていませんでした
竹ちゃんの手紙のおかげで 
これで日本の農家は TPPに立ち向かえるのか

深刻な気持ちになりました



" 高くてもわれ日本産肉求む友に対する気持ちなりけり (やまぐち二茶) "


d0244960_17583958.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-07-12 06:00 | 竹ちゃんレポート
d0244960_0534687.jpg



昨日 7月4日のこと 山口大学吉田キャンパスの池に
古代のハス 「大賀ハス」 が咲いているというので出かけてきました

前日の7月3日は長崎では 50年に一度の大雨が降り
山口でも一日中 雨が降り続き とても出かけられる状態でありませんでした

d0244960_054339.jpg
 【撮影:悠作ママ】

山口大学の前は何度も通るも キャンパスに入るのは 初めてのこと。。。
キャンパス内のどこで咲いてるのか 不安を持ちつつ出かけました

駐車場に入ると 目の前の池に人だかりができていた !!
はは おかげですぐに場所が特定できました (笑)

二年前に出かけた 「山口市・源久寺」 の大賀ハスが株分けされました ポチッしてね・源久寺の古代ハス 

2000年前の大賀ハスの説明は 二年前のブログで説明してますので割愛します

d0244960_0573316.jpg


ご本家の源久寺よりも池も大きく 大賀ハスの花の数も多すぎて
なかなか撮影の焦点が絞り切れませぬ
地元テレビのカメラマンとも出会いましたよ

d0244960_173446.jpg


悠作ママ すたすたとカメラマンに近づき 話しかけ始めました
  「この大賀ハスの撮り方のコツを教えてください」
  「・・・・・・」
  とカメラマンも困った様子であります  そして~~
  「これだけ花が多いと難しいですねぇ 綺麗な形の花を選んで背景をぼかして撮る
  のも面白いんじゃないですか」


はは このカメラマンさんも突然の申し出には困られたことでしょう (笑)
ともかく 楽しき一日でありました


  " 向きあへば二千年を生く花の息古代の蓮に人ら群がる (やまぐち二茶) "


d0244960_05614100.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-07-05 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_178156.jpg



山口県の観光などで いままであまりにも地味すぎた
玄関口の 「新山口駅」 の工事が開始されています


新山口駅ターミナルパーク整備(基盤整備)について情報発信元:建設課(小郡総合支所2階)新山口駅ターミナルパーク整備 新山口駅ターミナルパーク整備 新山口駅ターミナルパーク整備は、交通結節・アクセス機能の強化を図り、山口市・山口県の陸の玄関としてふさわしい駅空間の形成を目指し、7つの施設整備を進めています。(ネットより)


山口県の県都・山口は平成の大合併を終了したものの
島根県境の津和野町近くから 瀬戸内海沿いの集落が合併するも
いまだ人口20万人には達しておりません

一時期は当時の国鉄マン3000人が住んでいた交通拠点のこの旧小郡の街も
旧商店街を中心に閑古鳥が鳴いています

先日 県都・山口市の中心でわが会社の先輩との飲み会あり
山口線の山口駅へと出かけました

まず 自宅近くに停留所のあるコミニュティバスの最終・午後三時過ぎのバスで新山口駅に出ました
はは 新山口駅での一時間の待ち時間は 悠作の撮影タイム・・・

山口駅近くの飲み屋街に行くにもこのアクセスであります
山口駅→新山口駅の帰りの最終は22:05分でありました

帰りはタクシーしかありませぬ・・・
もう高齢者の年金は減らさないで !!

せめてささやかな悠作のリタイア後の生活を
楽しませてくださ~~い・・・



 " 紫陽花の首は九の字に曲がりたり来年を待ちハサミ入れたり (やまぐち二茶) "


d0244960_1783714.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-07-01 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_1628489.jpg
【東ベルリン側から見たベルリンの壁。真っ白の壁でした】


「ベルリンの壁」 が崩壊したのは
1989年11月10日でありました
世界の歴史を変えました

ベルリンの壁(ベルリンのかべ ドイツ語: Berliner Mauer)とは、冷戦の真っ只中にあった1961 年 8月13日にドイツ民主共和国(東ドイツ)政府によって建設された、西ベルリンを包囲する壁である。
1989年11月10日に破壊され、1990年10月3日に東西ドイツが統一されるまで、
この壁がドイツ分断や冷戦の象徴となった。(ウィキペより)




その二か月前に悠作は 東西ベルリンを訪ねておりました
これがバスの車中から写した 東ベルリンの無地の壁の姿です

西ベルリン側の壁は別途 ご報告します
こちらは明るい色の落書きでいっぱいでした



" まさかまさか世界の歴史に遭遇す帰国ふた月ベルリンの壁崩壊す (やまぐち二茶) "


d0244960_16285091.jpg
  【東ベルリンから見たブランデンブルグ門】
[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-26 06:00 | 思いでの写真
d0244960_1659405.jpg



"朝顔につるべ取られてもらい水" 。。。
有名な加賀千代女の有名な俳句であります


加賀千代女(かが の ちよじょ、1703年(元禄16年) - 1775年10月2日(安永4年9月8日))は、
   俳人。号は草風、法名は素園。千代、千代尼などとも呼ばれる。(ウィキペより)


d0244960_170722.jpg


今から300年前に詠われた一句だったのですね
最近では水道がそのかわりを受け継いで
「つるべ井戸」 はその歴史を閉じたのかも知れませぬ

毎月一度 短歌サークルの会合で出かけている
山口市の施設 「ふるさと伝承センター」 で撮影しました
悠作の子供のころはこの手押しポンプが あちこちにありましたよ
 
懐かしいなぁ~~



"つるべとは死語になりゆく感のあり子供のころはあちこちで見ゆ (やまぐち二茶)"


d0244960_1703452.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-24 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_18483158.jpg



先日の悠作ママとの約束もあり
チビチビと貯めたヘソクリをはきだして 新カメラを買いました

それがこの ペンタックスの 「Q10」 でありました
はは 偉そうにミラーレスカメラと言っているものの そのミラーレスの意味が
よく分かりませぬ

  ミラーレス一眼の呼称は、従来の一眼レフカメラと比較して、撮影用レンズの入射光を光学式ファインダーに導く
   ための反射ミラーが存在しないことに由来する。ミラーレス式カメラ、ミラーレス機などとも称される。
    (ウィキペより)


交換レンズが二本付いていました
 ① 35ミリ換算で 28~83ミリ
 ② 同 83~249ミリ

おまけにとても軽量でありました

悠作ママ 早速 ②のレンズをつけて 庭の紫陽花を撮影していました
慣れないながらも 撮影への挑戦意欲が湧いているようでありました

ホッ !
良かったなぁ~~  (^O^)。


  " おNEUなるカメラを見れば走りたり庭の紫陽花脚光浴びる (やまぐち二茶) "



d0244960_18485790.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-19 06:00 | 日記
d0244960_14393758.jpg



何の変哲もない花です
でも だんだんと花の数が減ってきております

原因は何なんだろうか
二年前まで来ていた植木屋のオッチャンが
病気なのか 亡くなられたのか 急に来なくなりました

仕方なく近くに住む先輩にお願いして
地元のボランティア的な庭師を見つけてもらいました

大胆な剪定をされます
値段も半額くらいです
庭師の竹ちゃん 教えて !!
剪定の仕方で 花数は変わってくるのかなぁ~~

 「ああぁぁ~~ 庭木を植えなくて畑にしとけば良かったぁ~~」

悠作ママのつぶやきですぅ
いまさら遅いつぅの・・・クッ! 


  " 花の数急に減りたるヤマホウシ脚立を出して写真撮りたり (やまぐち二茶) "




d0244960_14401033.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-16 06:00 |
d0244960_16153771.jpg



このピンクの花は ペラルゴニウムの 「ビオラ」 という花らしいんです
何気なくテレビを見ながら 庭に目をやると
黒い羽をもつ大きな蝶々が飛んできました

この花は今年三月 結婚記念日のプレゼントでいただいたものです
悠作はパソコンに向かって 今日のブログの返事書きが忙しそう !!
わたしは密かにコンデジで写真を撮りつつ
悠作に黒い蝶の存在を知らせました

悠作 おもむろにデジイチを取り上げ この一枚を撮っておりました
悔しくも情けなき一瞬でありました

わたしもコンデジではなく 目方の軽いデジイチが欲しい !!
わたしにも権利はありますよね クッ! 



" 黒き蝶庭に羽ばたく様のあり名前のことはどうでも良しや (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-13 06:00 | 悠作ママの独り言
d0244960_16505175.jpg



竹ちゃんは 昨日の 「カエル」 の他に
この水神祭りの写真を送ってくれました

添え書きには 「梅雨入り前に水神祭りをしました」 ・・・
はは これだけでありました

農業経験のない悠作 これだけでは祭りの意味も分かりませぬ
竹ちゃんの気持ちを察して 竹ちゃん風につぶやいてみましょう

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

百姓はコメ作りに入る前に 秋の黄金の稲穂をいただくために
大事な大事なお水の神様に 祈りを捧げるんじゃ

お神酒をび供え 太鼓叩いて 賑やかにお水の神様を迎えるんじゃ !!
これがこの地域の古くからの習わしなんよ

雨が多すぎて被害が出ても困るんじゃが
そうかと言うて 少なすぎても困るんよ
田圃が干からびてしまうけんね

お水の神様に 「なにとぞ お水の神様 今年もほどほどの雨を降らせてくださいませ」 と地域をあげて 拝んでおるんじゃ

ウーン 太鼓がなり始めました
いったい TPPはどうなるんじゃい !!

" 農はNO何時も農業曲がり角米価下がりて転作田に牛を飼う (ひろしま五茶五茶) "

竹ちゃん自作の歌です
最後が字余りですが そんなことは気にならない迫力の歌でした

今日の悠作短歌は辞退しようかと思いましたが 頑張りましょう


 " 一粒の米何気なく食べてゐる時に作りし人も忘れて (やまぐち二茶) "




d0244960_16511638.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-12 06:00 | 竹ちゃんレポート
d0244960_17404479.jpg



広島県山間部の標高500メートルの地に住む
竹ちゃんから こんな微笑ましい写真が届きました

何というカエルでしょうか ?
アマガエルにしては大きすぎる !!

田圃を見回りながら見つけたのだろうか
何という 親子の情愛です
子が親を殺したり 親が子を殺したりと殺伐なる今の世の中です
この写真を見て 親子の情愛を深めてもらいたいものです

人間はカエルに負けてはなりませぬ。。。

  " 梅雨に入りカッコー鳴く里寒むざむと田んぼ見まわる爺独り行く (ひろしま五茶五茶・竹ちゃんです) "

はは 竹ちゃんも短歌を作り始めました
嬉しいことであります

悠作も負けられませぬ


  " 解説は余分なことぞ親の背に子カエル乗りて笑まひ幸せ (やまぐち二茶) "



d0244960_1741433.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-11 06:00 | 竹ちゃんレポート
d0244960_16345296.jpg



何故かもう20年以上も前に 東京・江東区の分譲マンションで飼っていた
 「コザクラインコのピーコちゃん」 を思い出してしまいました

古い写真を探し始めました
思い立つと執念深い悠作であります 

気性の荒い鳥でした
悠作ママの弟が山梨県甲府市の居酒屋のママさんから
「このインコ 私の手に負えないから引き取って」 と言われ
引き取ったもののどうにもならなくて わが家に持ち込みました

不思議な癖を持っていました
籠から出すとスーパーのチラシなどを小さく噛み砕いて
羽根の上から差し込むのです

その様子に近づくと 突然 悠作の足を噛みつきます
靴下は何足もパァにしたのでしょうか

残念ながら撮影日不明です
悠作がここに住んでいたのは 30歳前から40歳前後まで・・・

この一枚の写真で まだ若き自分を思い出させてくれました



" 小鳥にも性格ありとわれは知る足を噛まれてムムム我慢の日なり (やまぐち二茶) "
[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-10 06:00 | 思いでの写真
d0244960_1875429.jpg



6月3日 白内障の手術 を受けました
はは 悠作もとうとう高齢者の仲間入りか クッ! 
致し方ありませぬ !!

クルマの運転をしてると 好天の日は道路の白線が滲む~~
眼科で左の目の視力検査をすると 〇印が二重に見えるぅ~~
白内障でありました
とうとう手術とあいなり PCからもしばらく離れておりました

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それやこれやで落ち込んでいた時
庭をみたら 「孔雀サボテン」 の一番花が咲いていました

悠作宅には 一時期 月下美人2鉢 孔雀サボテン2鉢が元気に咲いていました
冬場に外にほったらかしにしていたら みんな枯らしてしまって
最後の一鉢が この孔雀サボテンでありました

わが家の最後の砦は この一鉢の孔雀サボテンだけになりました
今年も寒くなったら 部屋に入れましょう
絶対 守るどぅ~~ クッ! 


" 待ち焦がる孔雀サボテンの花ふたつ朝日に合はせカメラ構へる (やまぐち二茶) "



d0244960_1882447.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-06 06:00 |
d0244960_17352161.jpg



今日の最高気温予想は 34度 !!
暑い 暑い 暑い とにかく暑い !!

印刷途中のインクが切れて どうにもならぬ
〇マダ電機まで行こうとすると 
悠作ママ 「私も行く」 と聞きませぬ
 「おかずがないから 帰りにスーパーによって」 とのご所望でありました

はは このくらいは何のそのであります
スーパーから帰ると悠作ママ 買い物袋を広げます

  「この大きな"たまげなす"は、498円したよ。ブログをつくりなよ !! 」

山口ではビックリすることを 「たまげた」 と言うんです

ブログを作るって こんなに苦しいことなのでしょうか ?
翌朝 パソコンに向かうのは悠作ママの先手です
  「なんだ 今日は出してなかったの」

それにしても大きなナスであります
悠作の好みは 「ナスの味噌炒め」 でありますが・・・

これだけ大きいナスだと しばらくは
「ナス料理」・・・  今日も 明日も 明後日も ・・・

あきらめておりますぅ~~



 " ネタ切れを妻憂いをりそれではと498円の高きナス買ふ (やまぐち二茶) "


d0244960_17312573.jpg
 【夕方・地元TVニュースで放映】
[PR]
# by yamayusaku | 2014-06-01 06:00 | 山口ぶらぶら
d0244960_183439.jpg

[PR]
# by yamayusaku | 2014-05-30 06:00 | フォト一首(一句)